いずぃなりの里へ(後)

夜中の風の音が凄くて自分は時々目を覚ました。築年数のだいぶ経つこの家は大丈夫かと不安になるが、当のご主人はこれだけの物音にも全く動ぜずに爆睡している。今朝は7時に家を出て内浦漁港の朝市に行く予定なのだが、6時半になっても一向に目を覚まさない。声をかけるが寝ぼけた感じでまた寝てしまう。結局起きたのが7時半。慌てて家を飛び出した。

伊豆の朝市というのでかなり盛大なものを期待していたらさほど店があるわけでもなくお客さんもまあこんなものかという感じだった。それでも干物やシラスは旨そうだったし、野菜や果物もけっこう安い値段で売られていた。売っている人もお客さんもどちらかというとこの近くに住むお年寄りたちという感じで、観光客目当てという感じではなかった。

f:id:goisan:20170122081159j:plain

一度戻って、今度は湯ヶ島まで湧き水を汲みに出かける。設備の維持ということもあって、20リットル100円というお値段がついている。この湧き水、なんと半年ぐらいは持つらしい。伊豆には他にも水の湧くところが何か所もあって、安く手に入るのがちょっと羨ましい。

帰り道で、吉奈温泉に足湯に浸かりながらパンを食べられるという店があるから行ってみたいと言う。何も足湯に浸かってパンを食べることもないだろうにと思ったけど、いつも通り過ぎてばかりの吉奈温泉には興味があったから行ってみることにした。吉奈温泉はメインの道路から1キロほど奥まった所にあって、「東府や」と「さか屋」という2軒の宿が向かい合ってあるだけの小さな温泉だった。

今日のお目当てはその「東府や」の中にある「ベーカリー&カフェ」というところだ。風が寒くて足湯に浸かっている人は少なかったが、パンを購入しようとお客さんが次々とやって来る。こんなところで列ができるというのもよほどの人気店なのだろう。それに車でなければ来られないし。パンと足湯とは妙な取り合わせだけど、カップルや女性同士の中にお爺ちゃん2人というのもそれ以上に妙な感じだったかもしれない。

f:id:goisan:20170122103217j:plain

さて再び戻って車から水を降ろし、近い再会を約束して帰路に就く。I坂さんの大切な休日をそうそう潰しては可哀そうだ。今回も申し出は突然だった。彼がよほどでなければ断らないのを知っているごいさんは相当の悪人だと思う。夜も眠いのにつき合ってくれる。今日もあちこち連れまわしてくれたおかげでいい気分転換もできた。飲んで帰るだけとはだいぶ違う。その辺の気の遣いようも本当に嬉しいことだ。

彼は週末を自宅のある神奈川に戻って過ごし、平日はここで一人暮らしをしている。自分の思うように生きている感じがする。でも彼を羨ましいと思ったことは一度もない。彼の真似はできないし、それは彼自身の人生なのだから。何が楽しいのかは未だに分からないが、人生を楽しもうという気持ちは伝わってくる。そこに惹かれるものを感じているのだと思う。なんでもいいのだ。生きるのに懸命な人の人生は輝いていて魅力的だ。そういう人に自然と人も集まるのだと思う。

ごいさんも一生懸命生きて、そしていろんな人と出会いたい。またそんな思いを強くしたのだった。

 

国道246号線、裾野付近で撮影。f:id:goisan:20170122135244j:plain

 

いずぃなりの里へ(前)

先週の土曜日に伊豆にいるI坂さんという友だちに会いに行ってきた。何故かと言えば、それは彼が親友だから……かな。ごいさんは小さい頃からいつも輪の中心にいないと気が済まないという性格だった。それは先生として働くようになっても変わらなかった。いやますますひどくなったと言った方が正しいのかもしれない。そんな自分だから人前で弱気を見せるなんてことはさらさらできることではなかった。それに周りの人たちもそんなことを期待してはいないだろうし。

でも本当は、周りで見られるほどに行動的でも度胸があるわけでもないのだ。何をやる時でもいつもびくびく冷や冷やしている。決して行き当たりばったりで発言したり行動したりすることはない。かなりの時間を費やして考えた上でのことだ。ごいさんならできるだろうという信頼を裏切るわけには行かない。だから何事も無く終えた時の安堵感は半端じゃない。そうして、表向きは屁の河童のような顔を装っている。だから仲間のみんなはごいさんが小心者だなんてほとんど思わない。ごいさんはいつも強いごいさんでいなければならない。ずっとそんなふうに生きてきた。

でも、自分だけは本当の自分を知っている。ただ強がって見せているだけの本当は弱い人間だということをね。それでも、そうやって気持ちが落ち込んだ時でも周りの仲間には知られたくないと思う。そんな時の一番の解決策が心を許せる友に会うことなのだ。なんでもいい、何も考えずに思いつくままに話をして、それをただ友に聞いてもらうだけ。伊豆のI坂さんはそういう友の一人なのだ。合いの手を適当に入れながら何時間でもただただ話を聞いてくれる。

しばらくぶりの長距離ドライブだ。伊豆長岡まではごいさんの家から100キロほどの距離。いつもは湘南海岸沿いに走り箱根を越えて三島に出るのだが、今回は山側の246号線で沼津経由で行くことにした。待ち合わせ場所は、長岡の共同浴場「あやめ湯」。6時ちょうどに着くとI坂さんはすでに中にいて髪を洗っている所だった。彼のブログによく登場するあやめ湯仲間のうちのマイ桶氏とスキンヘッド氏が一緒だった。

家に着くと早速にストーブに火を入れる。薪がパチパチと音を立てて勢いよく燃える。あっという間に部屋が暖かくなってくる。I坂さんお手製の松前漬けがどんぶり一杯に盛られて差し出される。それからこの前考え出したというご自慢の山芋の醤油バター焼き。醤油とバターがうまくマッチしてそれに山芋のシャキシャキ感が何ともたまらない。それにアマゴの山椒煮。どれもこれもおつまみのたぐいだから、二本持っていった焼酎も一気になくなる勢いだ。

一人の時は9時には就寝というのだが今日はごいさんへのお付き合い。眠そうな目をこすりながらも起きている。さすがに11時を回ってこれ以上は可哀そうだからとお開きにして寝ることにした。布団を敷いて横になって電気を消したとたんに寝息が聞こえてきた。よほど眠いのを耐えていたのだろうと思うと、またまた友のありがたさを思うのだった。

f:id:goisan:20170121195255j:plain

 

午前中に横浜大桟橋から撮影。今日は富士山がはっきり。f:id:goisan:20170121100809j:plain

 

中だるみ的な日々

ごいさんというと、いつも元気に動き回っているイメージかしら。確かにその通りなんだけど、ここのところ少しばかり調子を落としている。毎年のことだけど、この1月中旬辺りになると新年の疲れがどっと出てくるのだ。ちょっとした鬱みたいな気分かな。そういう時に限って、天気も一段と寒くなったりしてその思いを一層強くする。今朝もベランダに洗濯物を干していると白いものがちらほらと落ちてきた。すぐに止んでしまったけどね。20分ほどベランダにいただけなのに手がカチカチになってしまった。部屋ではガスファンヒーターの燃えている音だけがゴーッと響いている。うちでは、朝はいつも速効性のあるファンヒーターを利用している。

毎年のことだが、新年早々に今年の計画を立ててはあれもやろうこれもやろうなんて張り切り過ぎてしまう。少しオーバーペース気味と分かってはいるんだけど。このせっかちな性格は生まれつきだからしょうがないと思っている。現役で働いていた時よりは自由な時間が増えていて当たり前なのに、何か暇な時間ができるとそれではいけないと思ってしまう。それがもったいないと思ってしまうのだ。体は若くないのに、気持ちはいつまでも若いつもり。いつも何かをしていないと気が済まないんだね。

そんなことでこの2~3日は空気の抜けた風船みたいな当て所ない感じで過ごしている。今日は午後からの授業で家を11時に出る。わざわざ午後から出かけていくのは大変でしょうと言ってくれる人も多いが、自分は案外気に入っている。朝一番に洗濯をして授業の予習をしたりしてもまだ時間は余る。午前に授業があって午後帰って来るパターンだと、ちょっと寄り道しているとそれで一日が終わってしまうという感じなのだ。

今日もいつものように洗濯をして授業の予習をして、それから残りの時間で借りていた本を読み終えた。月に本を2冊読むというのも今年の目標の一つに挙げたから早速実行に移している。でもなかなか読めなくてあっという間に2週間が過ぎて今日が返却期限になってしまった。まだ三分の一ほども残していた。

やる気がないからブログに書くような出来事も起きない。何かを思いつくなんてこともなくて、今日はこんな記事になってしまった。まあごいさんらしくないごいさんというのもご理解していただくのもいいかと思ってちょっと書いてみた。でも、心配しないで。ごいさんは気分転換を図るのも得意なのだ。こんな気持ちが消えてしまうのも時間の問題。それに来週からはしばらくマラソン大会が続く。記事を書いたりするのでけっこう忙しくなるから、こんな感じに悩んだりしている暇もなくなる。こんな日々があるのも悪くないことだと思っている。

ということで、こういう時は友と酒を酌み交わすのが一番。明日は伊豆でご隠居染みた生活を送っているI坂さんを訪ねることにした。朝市に行くというからそれもちょっと楽しみ。

 

相模大野グリーンホール横にあるからくり時計。いつもは扉が閉まっている。f:id:goisan:20170120120214j:plain

 

広告を非表示にする

2017 相模原駅伝競争大会

昨日、今の学校の先生たちとチームを組んで相模原駅伝競争大会に参加してきた。5人で1チームとなり、会場となっている競技場の外を大きく一周して襷をつなぐというものだ。一周は3キロのコースだが、第1区だけは競技場内を余分に走るため3.3キロとなっている。わずかだけの違いだが、それでも1区には強者が揃うようだ。うちの学校からはA、Bの2チーム、計10人の先生が参加した。昨年の記事にも書いているが、こんな寒い中をしかもただ走るためだけに10人も参加するなんてそうそうできるもんじゃない。だいたいみんなランナーじゃないしね。こういう職場の雰囲気ってとても大事だと思う。

自分以外は、今年採用された先生も入れてほとんどが20代か30代の前半だ。そんな中にこんな年寄りを混ぜてくれるなんて何ともありがたい。自分は若い人たちと話すのが大好きだ。年寄りをヨイショしてくれて心地良いというのもあるが、何より活気があるのがいい。そういうのは見ているだけで楽しいし、若い人たちの会話はただ聞いているだけで十分に面白い。時々気を遣ってごいさんに話を合わせてくれるのも嬉しいことだ。

さてこの駅伝競走大会、優勝チームは5区間15.3キロを走って48分台ということだからけっこうレベルは高い。上位チームの選手たちの格好はビシッと決まっていて見るからに速そうだ。それからすれば、我々のチームは参加することに……なんていう感じなのだが、もちろん走る以上は少しでも上位に行きたいとみんな思っている。走る前になんだかんだと言ってはいるが、走り出すとみんな本気モードだ。

ごいさんはBチームのアンカーとして第5区を任された。みんなが実力以上に評価してくれるから緊張感が半端じゃない。それでもやっぱり自分も去年のタイムを上回りたいと思う。マラソンだって自己記録を更新してきて昨年よりずっと自信を持てている。今日は実家からここまでジョギングで来て、アップも十分だ。

4区を走った先生から襷を受け取る。前のランナーが見えていることもあってまずは追いつこうとかなりのスピードで走り出す。追いついたところでしばらく並走。その方は格好も走り方も様になっていていかにもランナーという感じだ。でも年は同じくらい。ならばとごいさんの闘争心に火がついた。残り1キロとなって息が上がってきたけど、フルマラソンの力を発揮するのはこの時とばかりに懸命に腕を振る。

競技場に入ると、若い先生たちの応援の声が届く。ここで抜かれちゃかっこ悪い。懸命のラストスパートで何とか逃げ切ってゴールイン。順位は82チーム中40位。自分のタイムは12分50秒(4:08、4:24、4:18)。チーム10人で3番目の記録ということで一応面目躍如だ。正直嬉しいけどここで偉そうにしちゃ若い人たちに嫌われちゃう。褒めてくれる言葉は素直に受け取るけどね。

今日一緒に走った先生の半分は今までに話したことのほとんどない先生だ。でもこれを機に明日から気楽に話せるようになる、そう思えるのが今日の何よりの収穫。

いろんな人と話をしたい。それがごいさんの永遠の欲求だから。

 

f:id:goisan:20170115113120j:plain

 

今年の初授業

冬休みが終わり、今週の火曜日から学校が始まった。今勤務している学校は2学期制なので、始業式はなくその日から平常の授業が始まる。この寒い時に体育館に集まってというのも今思うと体を悪くするようなものだが、長いこと3学期制に慣れていた自分にとっては、何だかけじめみたいなものがなくなってしまったようで物足りない気分なのだ。四季のある日本には、夏休み前と冬休み前とに区切りを入れ、3月に学年末を迎えるといった3学期制が似合っているように思えるのだが。

まあそれはともかく生徒たちが久々に学校に戻ってきた。ごいさんは先週の4日も6日も出勤日だったので学校に行ったが、生徒はもちろん先生もほとんどが休みを取っていたので実に静かな学校だった。それはそれで好きなのだが、やはり生徒の元気な声が聞こえないと学校じゃないね。ということで、昨日今年の初授業を行ってきた。

夏休みや冬休みなどの長期の休みやゴールデンウィークとかでしばらく授業がなかったりすると、その休み明けの最初の授業はいつもながらに上手くいかない。それが分かっているから入念に予習をするのだがそれでも上手くいかない。授業を盛り上げようなんて思って張り切り過ぎて空回りしてしまうみたいだ。今日もそんな感じ。

ごいさんの教室に入っての第一声は、「おはようございます。出席を取ります。」だ。ごいさんは必ず一人ひとりの名前を呼ぶことにしている。授業が始まってしまうとなかなか全員と顔を合わせるのは難しい。授業中に1度も顔を見ないんじゃちょっと淋しい。一期一会じゃないけれど、こうすれば必ず顔を見ることができるのだ。語らずとも「よう、元気か。頑張れよ。」「あー、分かってるよ。」ぐらいのアイコンタクトができる。それだけでその子の今日の様子が何となく分かる。今日はやけに不機嫌だとか、何か嬉しいことがあったのかとかね。それでその後の会話もだいぶ違ってくる。生徒は生きている。無機質的に教えるだけというのはどうにも好きにはなれない。

そういうのもあってごいさんはがんがんプリントをやらせたりするのも好きではない。そうやって訓練することが効果的な場合もあるが、最終的には自分からやろうとしない限り力が伸びることはないと思うからだ。ごいさんの授業は脱線することも多い。数学に限らないが、生徒に授業に興味を持たせるには、まずは先生に関心を向けさせることだと考える。次は何を話してくれるか、そんな思いを生徒が持ってくれたらしめたもの。次の数学の時間が楽しみになり、好きになるまでには至らなくても嫌いになることは絶対にない。そうやって数学への取っ掛かりを作ってあげるのもごいさんの楽しみなのだ。

さてさてそんなごいさんも4月からは完全リタイアをと考えている。講師の口もないわけではないが、母親もまだ元気なうちに、自分のやりたいことに専念してみたいのだ。ということで、教員生活も残り3ヶ月となる。マラソンと同じ、最後までしっかりと楽しんでフィニッシュしたいね。

 

ただ今、勉強中。f:id:goisan:20170112102916j:plain

 

広告を非表示にする

第18回ハイテクマラソン

昨日、荒川の河川敷で行われたハイテクマラソンに参加してきた。この大会を入れることで、お正月の暴飲暴食を予防しようなんていうのがある。しかし、本来は下旬にある館山若潮マラソンの調整という位置づけだ。いや仲間内の新年会というのもあるかしら。

この大会のスタートは3つのウェーブスタートをさらに上流組と下流組とに分けるという独特なもので、今年のごいさんは第2ウェーブで上流コースを走る。先に上流に向かい帰りは下ってくるというのが気に入っている。9時にいつものラン仲間のS田さんとA美さんと赤羽駅で待ち合せて会場に向かう。スタート1時間前なので早速に着替えるのだが、今回はここからが大変だった。トイレに並ぶのはいつものことと覚悟していたのだが荷物を預けるのに10分以上もかかった。結局、アップもストレッチもできないままに列に並ぶことになった。

さて今日は奈良でお会いしたブログ友達のびあーさんが第3ウェーブの上流組で走るという。しかも目指すは90分切り。ごいさんより15分遅れてのスタートだから、ゴールするのはほぼ同時ぐらいということになる。ごいさんを抜けば間違いなく90分切り達成だ。これは面白くなりそうだなんて思ったら、妙にワクワクしてきた。

10時15分、号砲が鳴る。冷えた体に不安はあるがそんな悠長なことも言っていられない。最初からスピードを出していくことに決めた。最初の1キロは4分47秒。次の1キロが4分39秒。去年は4分50秒前後を恐る恐る走ったのだが、今年のごいさんはちょっと違う。5キロを過ぎればいつものように楽になるのを信じて、ひたすら前に進むことだけを意識する。10キロを46分37秒で通過。

折り返して土手から河川敷に下る坂道で「ごいさ~ん」って大きな声をかけられる。びあーさんだ。颯爽と走る姿がかっこいい。思わずこちらも「びあーさ~ん」なんて叫んでいた。少し足取りが重くなっていた時だけに大きな励みになった。そこからは、後ろから近づいて来るびあーさんを思い浮かべて、抜かれるのを少しでも先に延ばすことだけを考えて走った。

20キロ地点を1時間32分21秒で通過。ラスト1キロは執念の猛ダッシュ。こんな姿は誰にも見せられない。そしてゴール。タイムは1時間37分29秒で、今までの記録を1分19秒短縮しての自己記録更新となった。

時計を見たら、11時55分。びあーさんがゴールしてくる頃だと見ていたらすぐに彼の姿が視界に入ってきた。ナイスラン。まだ余裕がありそうな顔をしている。今日も会話は少しだったけど、彼の90分切りも見られたし、何よりこうやって会えるのが楽しいね。

ごいさんの仲間もみんな無事に走り終えていつもの中華屋さんに向かう。このお店のマスターがとても優しい。1年に1回しか来ないのによく覚えていてくれる。コース料理は4人からなのだが、3人でもいいよって言ってくれた。飲み放題をつけても3,000円。たくさん食べてたくさん飲んで大満足でした。

最後になりましたが、たくさんの応援してくれた皆さんやボランティアの皆さん、それに役員の皆さん、寒い中を本当にありがとうございました。皆さま、どうぞ体調を崩されませんように。

 

f:id:goisan:20170108092223j:plain

 

母の手料理を食べながら

お正月2日は母のところへ挨拶に出かけた。毎年の恒例の行事だ。もう何もできないと言いながら、煮物を作ったり小豆を煮たり唐揚げやきんぴら、ポテトサラダを作ったりとたくさんの料理が並ぶ。それらをつまみにして妹の旦那さんと酒を酌み交わす。テレビ画面は箱根駅伝の山登りの場面だ。今年は2区の一色選手が出遅れた感じだったが3区でトップに立った青山学院がそのまま逃げ切って往路優勝を果たす。2位の早稲田が最後にかなりの追い上げを見せ復路への期待を持たせて一日目が終わった。最終的には青山学院の圧勝に終わるのだけど。

こうして母の手料理を食べ、酒を呑みながら箱根駅伝を見る。もう30年以上も続いてきた行事だから、誰もがそれが当たり前のように思っている。その母も2月の誕生日が来ると87歳になる。こんなふうに料理を作れるのもそう長くないのかな。妹の旦那さんと2人で呑んでいる様子を見ながら母はいつも喜んでいる風だ。自分の作った料理を美味しそうに食べているのを見るのは嬉しいに違いない。そんな母の顔を見るのが好きだ。この時間がこのまま止まってもいいと思う。仏壇の横に飾ってある写真の中の父も笑っているように見える。

母親は盛んにお替りはどうだと言う。そんなに食えないのだけど、お替りをすると喜んでくれるから、ついついその要求に負けてしまう。結果としてお腹がはちきれるくらいになってしまう。昔の親は概してみんなそうだった。とにかく食べろ食べろとうるさい。小さい頃は家族でコッペパン一個なんていう日もあった。それと今日もコロッケ明日もコロッケという時代かな。母親の昔からすれば、今のこんな豊かな生活なんて考えられなかっただろうと思う。

けっこう食べたけどやっぱりかなりの量が余った。いつも作り過ぎなんだよと思うのだけどそれも母の計算のうちなのかな。今度はタッパーに詰めるから持って帰れと言う。もちろん断る理由もない。それでまた母は嬉しそうな顔をする。そんな母の顔を見ていると幸せのありがたさをつくづく感じる。こうしてごいさんの1年が始まるのだ。今年もみんな元気に、何より母が元気に過ごしてくれることを祈るのだ。

今日は母のことをあれこれ書こうと思ったのは確かだけど、なんだかごちゃごちゃしてしまった。母の笑顔を見て幸せな1年の始まりを思う一方で、毎年お正月が来て母の手料理を食べるたびに、母との別れが近づいているようにも感じる。むしろお正月が過ぎてふだんの生活に戻るとそんな感情は湧かないのだけどね。ともあれ今年もみんなで元気に過ごしたい、そう願うことだった。

 

浅草・仲見世通り。下の写真は浅草文化観光センター8階から撮影。f:id:goisan:20170105112341j:plain

f:id:goisan:20170105144432j:plain