サッカー部顧問としての思い

先週の土曜日に、昔のサッカー部の教え子たちから飲み会に呼ばれて顔を出してきた。先生になってからずっとサッカー部の顧問をやってきたのだが、この日の彼らは44歳か45歳になる子たちだった。この子たちと出会ったのはごいさんが34歳。その学校にはすでにI谷先生という5歳年下の専門の先生がいたから、ごいさんは割と気楽な立場だった。だいたいその時のごいさんは指導者としての自信をまったく失くしていた時だった。

それは2校目の学校での顧問の時だった。ごいさん27歳の時で生徒以上に体も動き、やる気に満ちていた。生徒たちの強くなりたいという気持ちと相まって、毎日の厳しい練習が続く。ごいさんも一緒に走り、生徒の練習試合にも参加した。翌年には県大会に出場を果たし、さらにその翌年の全国選手権予選では県のベスト16に入った。神奈川県には高校が200ほどあり、強豪校も数多くあってなかなか上位には行けないのだ。

そうしてその時の1年生の有能なメンバーたちが3年生になった時、満を持して上位進出を狙うのだが、ここに強豪校が立ちはだかる。まずは4月の関東大会の予選会でのA高校。全国大会に何度も出場している名門校だ。部員数はこちらの30人余りに対して100人を超える。初めは委縮していた選手たちだったが、最初のシュートがゴールバーに当たったのを機に自信を取り戻したかのように動きが良くなって、押されながらも時に逆襲を見せるなど見応えのある好ゲームとなった。そうして後半の15分を過ぎた時だった。どうみてもファウルとは思えないプレーでPKを取られて失点してしまう。結局この1点で試合が決まり、A高校はその後も勝って神奈川を征して関東大会に出場した。

続けて5月に行われた高校総体予選で、これまた強豪のN高校と対戦する。やはり部員の数の差は歴然だ。それでも生徒たちはA高校と戦ったという自信からか真っ向勝負を挑む。しかし開始早々にまたまたPKで先行を許してしまう。一進一退の戦いで後半も残り数分となった時にドリブル突破から起死回生のシュートが決って同点に追いつく。延長戦に入っても点が入らず、タイムアップまで残り1分のところでコーナーキックからの混戦で決勝点を許してしまう。結局このN高校が高校総体の神奈川代表となった。

これだけ頑張らせても勝てない虚しさ。生徒に申し訳ない気持ちだった。休みも無く練習してきた日々。生徒を育てる限界を感じて、もうサッカーの指導を辞めようと考えた。そんな気持ちを引きずっている時に今日のこの子たちに出会ったのだった。見た瞬間に強いチームになれると直感した。そう思った瞬間、再びその世界に足を踏み入れることになる。

こういう飲み会での定番はたいがい引退試合の話だ。そうして出てくるのは悔しい思い出ばかり。なぜあの時と、ただ悔いる。それも含めて青春だったのだ。それは決して恥ずかしいことではない。一生懸命だったからこそ悔しいのだ。

ふぅ~、お酒は美味しいけど、教え子の前では酔えないのが辛い。

 

f:id:goisan:20170701195207j:plain

 

少し遅れて墓参り

父さんと自分とを比較してみた。

酒     父さん>ごいさん やっぱり勝てないだろう。
イケメン  父さん>ごいさん 背も高いし、鼻も高い。
もてもて度 父さん=ごいさん 互角でありたい。願望。
腕の力   父さん>ごいさん 父さんは大工さん。
足の力   父さん<ごいさん ごいさんはランナー、元サッカー選手。
優しさ   父さん>ごいさん 自分は優しい人間じゃない。
頭の良さ  父さん<ごいさん 両親のおかげだが。
話し上手  父さん<ごいさん 一応話すのが仕事なので。
子供好き  父さん>ごいさん 子供は苦手だ。

だめだ、あまり思いつかない。だいたい思いついたところでそんなに差がつくものじゃない。親子だから似ていて当たり前だもんね。でもこれって何気にいいアイデアじゃないか。こんなことで思い出すのでも少しは供養になるんじゃないかと思うのだけど。

f:id:goisan:20170627122644j:plain

小さい頃は死んだらあの世という所に行ってそこには天国と地獄があってそしていつかまた生まれ変わるなんていう話を信じていたのだけど、最近では死んだらすべてが無になってしまうのがいいと思い始めている。その後にどんなに惜しまれたり憎まれたりしてももうその人には届かない。あの世から現世の様子を見ているなんてこともない。小さい頃に母親が言っていた言葉を思い出す。「死んだらただ何も分からなくなるだけなのよ。」母さんは今でもそう思っているかしら。

そんなふうに考えれば、父さんだって40年前に死んで無に帰ってしまったはず。だけど不思議とそうは思えない。今も自分の背後からこのパソコンを一緒に覗いているんじゃないか。「また何書いてんだよ。くだらないことは書くなよ。」なんて言っている声が聞こえてくるようだ。

死んだら無になってしまうと考えている一方で、いつも父が見守ってくれていることを心のどこかで期待している自分がいる。マラソンスタート1分前には無事に完走できるようにと父に祈ったりしている。自分は無になりたいが父にはあの世というところに存在していてほしい。なんとも勝手な考え方だけど、まあそれが自分の正直な気持ち。

ということで、少し過ぎてしまったけど昨日お墓参りに行ってきた。お墓を拭いてお線香を上げてそして大関のワンカップを供える。6月24日、40回目の命日。

 

f:id:goisan:20170627120316j:plain

 

広告を非表示にする

はてブロランナー、集まる

土曜日に「はてブロランナーの集い」というのが開かれた。「はてブロランナー」とは、「はてな」で日々のランの記録を中心にブログを書かれている方たちのことだと解釈している。ごいさんのブログは少しばかり趣を異にするのだが、自分のブログもマラソンの記事が多いからか、彼らの中にも読者の方が多数いらっしゃるというわけだ。

今回この集いを中心になって企画してくれたのがMacRunさんとバンビさんというお二人だ。正直言えば自分は集団で飲むのはそれほど好きではない。それに大半が初めて会う人ということになると気も遣うし落ち着かないだろう。そして当然のようにきっと最長老だ。自分としては大会で顔を合わせて軽く挨拶するくらいがちょうどいいと思っている。

とまあそんなことなのだが、今回のお誘いには迷うことなくOKの返事をした。それはMacRunさんとバンビさんとはもうずいぶんと長いおつき合いになっていて、お二人から是非にと誘われて断る理由が見つからないからだ。MacRunさんとのおつき合いは2014年の9月から。何気なく書いたコメントが彼の励みになったというから何とも嬉しいことだ。この前のかすみがうらで会った時はこんな自分にあまりにも感激してくれるのが申し訳ないくらいだった。

バンビさんのブログに初めてお邪魔したのは2015年の7月だったようだ。まだ彼女がブログを始めて間もない頃。記事からは一生懸命さが凄く伝わってきて、いつの間にか一ファンとして応援するようになっていた。どこかのレースで会うだろうと思ってきたけどとうとう会えずじまいだった。そうして今回ようやくその念願を果たすことができたのだ。顔には出さなかったけどけっこう感動したよ。

今回初めてお会いしたのが、バンビさん、gapparaさん、ぽろっぽさん、Lisaさん、てつさん、ねむねむさん、ぱんださん、さつかさん、ひでちさんの9人。そして再会組が、びあーさん、furuhon-yaさん、MacRunさん。みんなさすがにランナーだ。体つきがいいのはもちろんだが、何より陽気なのがいい。お互いに初めて顔を合わす人ばかりだったのに会った瞬間に笑いに包まれている。この明るさこそがレースの終盤の苦しい時に力になるんだね。

それにしても名古屋から、そして新潟からと遠路はるばると駆けつけてくる。考えてみればすごいことだ。ランをテーマにしたブログで知り合っただけなのに、とてつもない強い結束力を感じた。今回は都合がつかず来られなかった方もだいぶいると聞く。共通の目的があるというのは仲間意識をこんなにも強くするものかというのを改めて感じ入った。

予想通りにみんな若くてエネルギッシュだった。そんな若い人のパワーに煽られるようにごいさんもお酒を呑み過ぎたかもしれない。酔ってくどい話をしていなければいいなと、半ば自己嫌悪に陥りながらの帰り道だった。

先ほどMacRunさんとバンビさんの昔の記事に書いた自分のコメントを読んでいたら妙に感激してしまった。おかしな気分。ともあれ今回は本当にありがとうございました。いつかどこかのレースでご一緒できるのを楽しみにしていますね。

 

f:id:goisan:20170624142635j:plain

 

父の日に思ったこと

先週の日曜日。その日はうちの奥さんは朝から出かけていて家に一人でいたのだが、お昼近くにインターホンのチャイムが鳴った。玄関を開けてみると今噂になっているクロネコのお兄ちゃんが立っていた。品物を受け取ってリビングで開けてみると、「お父さん いつもありがとう」と箱の上に書かれた文字が目に飛び込んできた。それで今日が父の日だということを思い出した。

この贈り物は長男夫婦からのものだった。箱を開けると、そこには6本の瓶ビールとつまみが入っていた。珍しいビールでいかにも高そうだ。よく冷えていてすぐにでも飲みたかったところなのだがもったいないという思いが先に立って、さっさと冷蔵庫にしまい込む。昨年はそれで飲むのをすっかり忘れていたということがあったのだが。

ということで、父の日は世間一般には子供が父親に感謝を表す日ということになっている。もちろん我が家も同じだ。でもごいさんはまたちょっと違った考えを持っている。それは、この日は自分が父親であるということを改めて自覚しなければいけない日ではないか。父親である自分が、今まで父親としてきちんとその役割を果たしているかを確認する日ではないかという考え方だ。

彼らが高校生ぐらいまでは何だかんだと一応は父親らしいことをしてきたと思うのだが、その後はだいぶ出番が減ってしまった。母親である奥さんの方はまだまだ活躍しているようで羨ましく思う時がある。長男が結婚してからはいっそう父親の体をなしていないような気がする。お爺ちゃんとして孫の役に立つなどできることはありそうなのだが。

自分は24歳の時に父を亡くしたので、その後の父の姿を見ていない。父の亡くなった49歳までは良くも悪くもこれが父親なのかということがイメージできたのだが、50歳を過ぎてからは未知の世界を歩いてきた。友だちの父親ぶりを見ていてもなかなか分らないものだ。子供が息子か娘ということでもだいぶ違う。自分なりに考えて行動しているつもりでもいつも何か足りないような気がしていた。

自分は父がいなくてもここまで生きてきた。だから正直言えば父親なんていなくてもなんとかなるとも思っている。それでも大事な局面ではこんな時に父が居てくれたらと思ったことがたびたびあった。だから今のごいさんの役割は、何かをしてあげるではなくただ静かに彼らの傍に居てあげるだけでいいのではないかとか考えた。そこに居るという安心感を彼らに与えられればそれで十分ではないかと。

少しでも長く生きて、彼らの心の拠りどころでい続けたい。そうして見守られているという安心感を子供たちに与え続けたい。今日の父の日に改めて思ったことだった。

 

f:id:goisan:20170618093115j:plain

 

初めての競馬体験

一昨日の土曜日にテニス仲間のI山さんとT次さんに誘われて初めて競馬なるものを体験してきた。競馬というとどうにもいい印象がない。新聞を片手に赤ペンを耳に挟んでタバコを吹かし、はずれ馬券を紙吹雪のごとくまき散らす。糸目もつけずに金をつぎ込んで挙句の果てにはしんしょうを潰す、まさに悪の権化のようなイメージしかなかった。そんなわけで、以前からラン仲間のS田さんからも誘われていたのだがどうにも気乗りがしないでいた。ここにきて友人である彼らがそれほどに言うならと少しばかり前向きに考えてOKの返事をしたのだが、それでも実際に行くまでは気が重かった。

場所は府中にある東京競馬場。みんなとは南武線府中本町駅で9時に待ち合わせている。電車から降りるとたくさんの人が食料やら競馬新聞を買い求めてごった返している。これを持っていれば一丁前に見られるだろうかということでごいさんも新聞を購入。駅から歩くこと5分。200円の入場券を買って中に入ると、目の前に巨大な観覧席と緑の空間が広がる。

f:id:goisan:20170617120042j:plain

最初のレースは10時10分スタート。I山さんとT次さんは早速に新聞を見ながらあれこれと考え始める。ごいさんも勝手の分からないままに2人に聞きながら真似をしてみる。馬券は100円単位で買える。最初のレースは複連という馬券を200円分買ってみたがあっさりとはずれる。T次さんは300円分を買って1,000円の払い戻しがあって、そのお金で生ビールとポテトフライを買ってきた。幸先が良いと喜んでいたのだが、彼が当たったのは結局それだけだった。第2、第3レースもはずれて、第4レースになって初めてワイドという馬券で300円の払戻金を手にした。残念だがこれじゃビールは買えない。

f:id:goisan:20170617125605j:plain

第5レースと第6レースをパスして1時間ほどの昼食タイムをとる。その後の第7レースははずれ。第8レースはパスして、第9レースで再び400円ほどの払い戻しを得た。次の第10レースははずれ。この日は第12レースまで予定されていたが、我々は帰りの混雑を考えて第11レースで止めることにした。そこでごいさんも最後に大きな賭けに出ることにした。と言っても、持っている小銭の全額で600円だけど。それで200円が戻ってきた。

f:id:goisan:20170617160416j:plain

一日楽しんで馬券に使ったお金は差し引きして1,000円ほどだった。実際に目にした競馬場はずいぶんと健全なものだった。馬券の販売や換金はすべて自動で整然と行われている。こまめに掃除をする人がいて、トイレも清潔感があるしゴミの散乱もない。客層も広範囲で若い女性も多く、スポーツ観戦でもしているかのような感じだった。ギャンブルであることは確かなのだが、きっと自分のように少ないお金で楽しんでいるお客さんも多いのではないだろうか。

f:id:goisan:20170617130043j:plain

競馬場の中央のフィールドにある遊戯施設ではたくさんの子供が遊んでいる。芝生で寝ている人もいる。入場料の200円を払えば何をしても基本的には自由。一日をのんびりと過ごすにはもってこいの場所だと思う。ちょっとしたアミューズメント施設よりもはるかに安上がりだ。また来てもいいかと思った。

 

f:id:goisan:20170617160635j:plain

 

広告を非表示にする

氷見の街、ちょい散歩

いつもならマラソンを走った翌日にもう一泊して観光を楽しんでから帰るのだが、今回は走るのに自信が無かったこともあって翌日には帰ることにしていた。それでも少しはどこかに寄りたいという気持ちがあったので帰りの新幹線は夕方の時間にしておいた。大した時間もないから金沢をブラッと歩いてみようかと考えていたのだが、そのうち氷見の寒ブリという名前に惹かれて氷見へ行ってみようという気持ちになった。

富山から高岡に出て、そこで「JR氷見線」に乗り換えて30分ほどで氷見駅に着く。「JR氷見線」はディーゼルで走るローカルな電車だ。運よく「ハットリ君列車」に乗ることができて心もち嬉しい。やがて海が開けて海岸すれすれに列車は走って行く。そしてほどなくして氷見駅に着いた。

f:id:goisan:20170605095531j:plain

 

f:id:goisan:20170605131149j:plain

海岸沿いにある漁火ロードを歩く。今日の海はとても静かだ。遠く向こうには立山連峰が見えて眺めは雄大だ。今は歩いている人もいないけど、夏にはたくさんの人が海水浴に来るのだろう。しばらく歩くと氷見漁港に到着。ここで寒ブリが水揚げされるのか。今度ブリを食う時はこの光景を思い出すかしら。続いて「ひみ番屋街」。道の駅にもなっていて大勢の人が訪れていた。新鮮な海産物を中心に飲食コーナーやお土産コーナーと賑わっている。氷見は寒ブリの他に氷見牛や氷見うどんも有名なんだね。

f:id:goisan:20170605110333j:plain

 

f:id:goisan:20170605113006j:plain

ここで折り返して帰りは漫画通りを歩く。途中に光禅寺というお寺があって門をくぐると忍者ハットリくん、怪物くん、プロゴルファー猿、喪黒福造の石造が迎えてくれた。このお寺、実は藤子不二雄A氏の生家なのだそうだ。でもお寺の中に漫画のキャラクターがあるのもなんか不思議な感じもする。

f:id:goisan:20170605115559j:plain

商店街をさらに進んで湊川のところまでやってくる。ここに虹の橋というのがあるのだがこれがカラクリ時計になっていて、毎正時になるとカタカタと動き始めるという。待つこと20分、ようやくカラクリ時計が動き出した。テーマ曲に乗って橋の中からハットリくんたちが現れて、ケムマキとの忍法対決が始まる。

f:id:goisan:20170605121916j:plain

さてのんびりと一回りして駅まで戻ってきた。全体的に人影は少なくて、やはりこういう所で生きていくのは大変なのだと勝手に推測してしまう。街としてはいろいろと盛り上げようとしているようだけど。寒ブリの時期や夏の海水浴シーズンには活気が戻ってくるのかしらね。

黒部名水マラソンの旅もこれにて終了。「生地のまち歩き」ではQちゃんと回れたのも楽しかった。お豆腐にしょうゆなんぞかけてもらったりもしたし。富山の富岩運河環水公園の夜景もなかなか良かった。有名なスタバはちょっと混んでいて入れなかったのが残念。それでもけっこう楽しい旅となった。

f:id:goisan:20170603140631j:plain

 

f:id:goisan:20170604195828j:plain

 

f:id:goisan:20170604200037j:plain

 

週末らしい週末?

先週の週末は久しぶりにいろんな人と会った。4月からは仕事を辞めて生活も大きく変化した。週のうち4日は外に出て誰かしらと喋ってはいるのだが、それでも仕事をしていた時のような感じで話すという機会はなくなった。そういう点で先週の週末は久しぶりに賑やかな会話を楽しんだ。

まず金曜日は、この前まで働いていた学校の同僚たちとの歓送迎会だった。4月から5月にかけての学校は新入生が入ってきたり新しい学年が始まったりと何かと慌ただしい。一連の学校行事が一段落してこの辺に歓送迎会があるというのが妥当という所だ。約2ヶ月ぶりの再会となる。若い先生がほとんどということもあって、話を聞いていると学校そのものがだいぶ遠くになったという思いを強くした。先生としての在り方は時代とともに変わっていく、そんなふうにも感じられた。

土曜日はテニス仲間が所属するバンドのライブを聴きに行ってきた。彼は国語の先生でこの3月に退職した。仕事はすっぱりと辞めて、念願だった小説を書くのに集中している。在職中も小説の塾に通っていたそうだ。先日新作を渡されて「読んだらAmazonにコメントを書いてくれ」と言われているのだけど。担当は国語だが英語もペラペラ。テニスはもちろんサイクリングに釣りにと思いのままに生きているという感じだ。ライブには50歳前後になるかという彼の教え子も何人か来ていた。ビートルズベンチャーズの曲を中心に2時間余り。彼はギターの他にボーカルも担当して、その生き生きとしているさまはごいさんも勝てないな。

f:id:goisan:20170610191015j:plain

翌日の日曜日は久しぶりにラン仲間との練習会、これまた久しぶりの皇居を走る。参加者はいつものS田さんとY村さん、それにY村さんの元同僚だったX氏が加わった。お年はごいさんと同じくらいと聞いた。ランステはいつものように神保町にあるサクラホテルを利用する。このホテルは海外の旅行客が多く、入口にある喫茶コーナーは外国人で一杯だった。

1周目はS田さんを先頭にみんなでジョグ。2周目からは各自思い思いに走る。とりあえず今日は3周が目安だ。2、3周目はスピードを上げるが、日曜日で観光客も多いからそれほど無茶な走りもできない。さて走り終えたところで、お待ちかねの反省会となる。いつものお蕎麦屋さんがお休みで急きょその近くの中華料理のお店に入る。みんな明日は仕事があるというので2時間ほどでお開きとなる。

このメンバーとはもう何十回と飲んでいるわけだから気心は十分知れている。いわゆる気の置けない仲間たちだ。何を喋ってもまたいつものことで済んでしまう。発展性がないと言えばそれまでだが、こういう仲間の存在はやはり大切だと思う。そんなにたくさんは必要ないだろうけどね。何でも聞いてくれる仲間……いいね。

久し振りに複数の人といっぺんに会った週末は少しばかり疲れたようだ。まあ心地よい疲れといったところだ。これでまたしばらくは頑張れる。

 

f:id:goisan:20170611170349j:plain

 

広告を非表示にする