新しいパソコン

XPのサポートがまもなく終了するというので、ごいさんもとうとう新しいパソコンを購入した。仕事で使うこともあまりないだろうからインターネットが見れれば十分だ。先日ビックカメラに行ったら、展示品限りということで5万円台と6万円台のパソコンが陳列されていた。5万円台の方で十分と思ったのだが、6万円台の方にすこし引き付けられている間に5万円台のが売れてしまった。う~ん、1万円の差は大きい。それでも店員さんは6万円台のパソコンの性能の良さを熱心にアピールしてくれたので、これもタイミングだと思い、思い切って6万円台のを購入することにした。早速、家に帰ってセッティングをする。実際に触ってみるとXPとWindows 8.1はだいぶ取り扱いが違う。ごいさんは、パソコンとか家電製品をいじるのがすこぶる苦手だから、慣れるまでにはかなりの時間を要するだろうなあ。

こんなごいさんでも、パソコンを初めて購入したのはもう20年くらい前になる。ちょうどWindows95が出た頃だ。動機は、南極やロンドン市街など世界のあちこちの場所のライブ映像が見られることだった。初めて見たときは感激したなあ。まだダイヤル回線だったよ。ピーピー、トゥルルー、ピーピーなんてね。今から考えればおもちゃみたいな感じだったけど、それでも20万円くらいはした。でもそれからのパソコンの進化にはついていけてない。頻繁に買い換えることもできないし。今回は、XPのサポート終了ということで苦渋の決断だった。

しかしコンピュータの進化は本当にすごい。世の中も大きく変わった。ごいさんの小さい頃に思い描いていた夢のような社会が今は現実のものとなりつつある。これからどのくらいの勢いでどのように変わっていくのかもはや想像もつかない。


ごいさんの家に電話が入ったのは高校2年生の時だった。でもそれまでまったく不自由は感じていなかった。不思議だ…ね。 

 

写真は、Windows 8.1 搭載の富士通のパソコン

f:id:goisan:20140320171520j:plain

 

広告を非表示にする