遅咲き如来

朝4時半に目が覚める。最後の朝だから少し緊張気味? いつものランニングも5時半前には走り出していた。天狗山まで一気に上る…と言いたいところだが途中2度ほど立ち止まった。やっぱりきつい。それでも天狗山からの下りは全力で走り切った。4日間で22キロ。やり通せたことでもう十分に満足。

8時に朝食を摂り、片づけをして9時半に宿を出発。ご主人とおかみさんが見送ってくれた。今回はたくさん話ができたことが何より嬉しい。心のこもったご飯も美味しかった。ごいさんにとって充実した4泊5日になりました。ありがとうございます。

湯畑まで行って、少しばかりお土産を買う。それから、ごいさんのお目当ては「城たいが」のお店だ。彼のお店はあちこちには無い。買うとなると通販ぐらいしかないのだが、何故か草津にはそのお店があるのだ。昨年ぶらりと入って、その文字や文章の面白さに惹かれてしまった。素直に元気や笑顔をもらえる。昨年買った色紙には、

「して貰ったことは忘れない してやったことは忘れよう」

と書いてあるのだが、自分への戒めに、額に入れて部屋に飾ってある。ガラスの箸置き、暖簾、お地蔵様の貯金箱などなど欲しいものは一杯ある。今回はそんな中から日めくりカレンダーを購入した。トイレにはすでに相田みつをの日めくりカレンダーを掛けているので、これは自分の部屋か玄関用かな。なんとなくごいさんの傾向が分かるでしょう。

これで買い物を終えてバスターミナルへと向かう。途中、光泉寺の境内を抜ける。ここは「遅咲き如来」と呼ばれる釈迦如来像が安置されているので有名だ。と言っても、ごいさんも去年知ったばかりだけど。1702年に東大寺公慶上人によって作られたそうなのだが、平成17年になって、これが事実であるということが証明されたそうだ。300年の時を経て正式に世に出てきたところから、「遅咲き如来」として信仰されるようになったとのこと。ごいさんも去年は下の子の就職のお願いをしてきたら、なんとそれが実現した。今年は、そのお礼と、下の子とついでにごいさんがもう一花咲かせられますようにと祈ってきた。

11時30分、新宿駅東口に向かうバスが出発。草津がどんどん遠くなる。そんな思いも、睡魔には勝てず………zzz。

 

写真は、泊まった部屋からの眺め。高台にあるので見晴らし最高です。

f:id:goisan:20140802085546j:plain

広告を非表示にする