読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

東京マラソン、今回も落選

今日は待ちに待った…というほどではないが、東京マラソンの抽選結果の発表があった。大会のホームページを見ると、申し込み者数は30万人を超えていて10.7倍の競争率だそうだ。こんなんでよく続けて当たる人がいるものだと思う。ごいさんはこういった抽選の類というもので良い結果を出したことが無い。あっ、いやいや一度だけあった。小学生の頃、商店街の抽選会でバケツを当てたことがある。それをぶらぶらさせながらすごく得意げに家に帰ったのを思い出した。あ~ぁ、でもそれからはねぇ。たいがいはポケットティッシュ1個で終わっちゃう。それはそれで重宝なんだけどさ。でも何人か前ぐらいで大きな鐘がカランカラ~ンと鳴り響いて、「〇等賞が当たりましたぁ~。おめでとうございま~す。」なんて聞くと、自分もいけるんじゃないかなんて気持ちになっちゃう。それで何回か引いてもポケットティッシュだけって、顔には出さないけどけっこうがっかりしてる。

ということで、今回の東京マラソンも予想通りの結果となりました。タイトルに「東京マラソン2015抽選結果(落選)のご報告」と書いてあるから、メールを開くまでもないんだけど、敢えて中身を確認すると、「厳正なる抽選を行いました結果、誠に残念ながら今回はご意向に沿えない結果となりました。」ってちゃんと書いてあった。ショックがまったくないと言ったらそれは嘘になるだろうけど、まあそんなに惜しくもない。またチャンスがあったら走るさ。今回はボランティアをやれという指示なんだろうと理解した。そしてそのメールの最後には、ボランティア案内ページへのリンクがしっかりと貼られてあった。

ボランティアの募集は11月下旬から始まる。東京マラソンのボランティアは先着順で、人気のあるところになるとすぐに埋まってしまう。そうでないところでも翌日中には埋まってしまうから油断はできない。東京マラソンのボランティアも2度目になるから、今年よりはもっと楽しめそうだ。もちろん今年も楽しめたんだけど、初めてという緊張感からか無我夢中であっという間に終わってしまったという感じだ。何事もそうだけど、1回目から上手くやるのってなかなか難しい。ワンチャンスしかない場合はしょうがないのだが、2度目のある場合はたいがい2度目の方が味わいはあるように思っている。だから次がとても楽しみなんだ。

これで今年は予定通りに、湘南国際マラソン東京マラソン、横浜マラソンと3つの大きな大会のボランティアができる。すごいぞって、自分でも感心する。きっと友だちにも自慢するな。でも、ごいさんの本当にやりたいことはまだ他にあるんだ。近いうちにみんなにも知ってもらおうと思ってる。だからごいさんはまだまだ頑張るんだよ。

 

写真は、小田急線大和駅にあるガーデンストリートで撮った。いくつかのガーデンがあってそれぞれに工夫が凝らしてあった。ここも何気に可愛くて気に入った。f:id:goisan:20140925163624j:plain