読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

谷川真理ハーフマラソン

お正月を挟んで2つの大会に参加した。1つは暮れの12月30日に熊谷で行われたベジタブルマラソンin熊谷、もう1つは昨日行われた谷川真理ハーフマラソン。お正月が入るとどうしても気が緩んでしまうから、その気持ちを引き締めるという意味で参加することにしたのだ。

ベジタブルマラソンは、1周5キロのコースを4周するという周回コースのハーフマラソンだ。公園の中のジョギングコースで起伏も無く走りやすい。天気も良く絶好のコンディションで、1時間43分51秒と満足のいくタイムでの走り納めとなった。参加賞は、じゃがいも、玉ねぎ、人参のカレーセットとさつま芋が2本。ちょっと重かったけどこういうのもありかなと。湘南新宿ラインで横浜からまっすぐ一本で行ける。熊谷って意外に近いんだね。

谷川真理マラソンは荒川の河川敷を走る。赤羽のところをスタートして、上流に向かってから折り返してくるAコースと下流に向かって折り返してくるBコースに分かれる。ごいさんは昨年と同じAコースだった。ほとんど平坦なのだが、上流に向かうということで前半は若干の上りだ。それでも後半は下りと考えると気持ちが楽になる。ほどよい天気で風も無く絶好のコンディション。こちらはいつものメンバーA美さん、S田さん、Y村さんそれにY田さんを加えて5人での参加である。2週間後に控える千葉の館山若潮フルマラソンへの調整レースと銘打つ。参加者数は1万人とかなりの人数だがウェーヴスタート(2つのコースをさらにそれぞれ3グループに分け15分ずつ時間差をつけてスタートさせる)ということで混雑はほとんど気にならない。入りの1キロだけ5分17秒だったが、後はキロ5分のペースを維持し、1時間45分22秒のタイムでゴール。まずまずの走りができて、2週間後のフルに向けてのモチベーションが少しばかり高まった……かな。

反省会は赤羽の商店街の横道を入ったところにある小さな中華料理店。コース料理と飲み放題で3,000円とお手頃価格。みんなでわいわいと新年会だ。話はもっぱらこれからのマラソン大会のこと。若い人たちのようにはいかないが、それでもみんなそれぞれに目標を語る。そういう時って、みんないい顔してるんだよね。

意気揚々と話しているそんな仲間の顔を見ていて、ふと思ったんだ。最近の集まりって、たいがいごいさんは最年長なんだなあって。昔はこういう会にはいつもそれなりの人がいて乾杯の音頭やお開きの挨拶をしてもらったものだが、今はごいさんがその立場。でもそういうのってホントに苦手なんだ。みんなの視線を感じると気の利いた言葉が出てこない。それが最近の悩みです。まあ大した悩みじゃないやね。

そう言えば、今日は成人式だったね。今の子たちはどんな気持ちで成人式を迎えているのだろう。素敵な人として素敵な人生を歩んで行ってほしいな。たとえ道は険しくとも。

 

f:id:goisan:20150111092306j:plain