読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

佐倉朝日健康マラソン大会 2015

今日は、佐倉朝日健康マラソン大会のフルマラソンに参加してきた。いつもの仲間は、去年の3月28日の記事に書いた前の職場の「そうだ、箱根まで走ろう!」というイベントに参加していて、今回はごいさん単独での参加である。

朝、4時に起床。準備をして5時半に家を出る。横浜から京浜急行と都営浅草線を乗り継いで7時59分に京成佐倉駅に到着。シャトルバスに乗って会場の岩名運動公園に向かう。佐倉と言えば長嶋茂雄いわゆる1つのミスターですね。そこには彼を記念した野球場があって、そこが更衣所になっていた。

荷物を預けてトイレを済ませ、申告に基づいて列に並ぶ。ごいさんはここで勘違いをして4時間半のブロックに並んでしまった。この間違いが多少影響したかと思ったりもするのだが。スタートの9時半の時点で気温はすでに15℃。それに太陽もさんさんと輝いている。ごいさんはてっきり雨か曇りを予想していたから、心に動揺が走る。雨は好きだが、暑さにはからっきしだめなんだ。

f:id:goisan:20150329085945j:plain

今日は10キロ55分から56分ぐらいのイーブンで最後まで行けるかを試したかった。狭い道や上り坂もあったが、ハーフまでは1時間56分26秒と予定通りだった。しかし22キロを過ぎて強い向かい風を受けるようになると急速に体力を消耗。何とか30キロ地点までは持ちこたえたが、ここで足に痙攣が起きる。それでもだましだまし走るが、2キロぐらい走っては休むという感じだ。それからの1キロの表示が本当に長い。最後の方では一度に200mぐらいしか走れない。最後に400mほどの急坂を上ってゴールするのだが、応援の人もたくさんいて、ここだけは休むことなくゴールまで走り切った。タイムは4時間12分27秒。ワースト記録更新。走り終わって両足が攣ったり水もあまり受け付けないくらいの軽い脱水症状になったりで、しばらく芝生の上で天を仰いでいた。

あ~あ、今日は惨敗だ。だいぶ甘く考えていた。1月の館山若潮マラソンであの坂をクリアして自己新記録を出したから何とかなるだろうなんて思い上がっていた。この3週間はまともに走っていなかったが、それでも走る前までは3時間50分を切れるなんて思ったりしていた。可笑しいよね。情けない。そんなことあり得ないんだよ、やっぱり。

それ以上に悲しかったのは、後半の沿道の人たちの声援に応えられなかったこと。応援してもらったそのすぐ後で何回立ち止まってしまっただろう。それでも走り出したらまた応援してくれる。頑張ろうと思うけど走れない。最後の坂道では,両手をメガホンにしてごいさんに向けて必死に応援してくれる人もいた。頑張って手を振ったけど、全然足に力が入らない。これじゃ頑張ってないよ。最後は歩かなかっただけが救い。芝生で仰向けになって、そんなことを考えながらようやく曇ってきた空を見ていた。

でも、ごいさんは常に前向きだよ。来月の霞ヶ浦マラソンで今日の挽回を果たす、きっとね。

最後に嬉しかったこと2つ。あの金哲彦さんから直に水をもらったこと、噂の千葉ットマンとハイタッチしたこと……かな。

f:id:goisan:20150329144752j:plain