読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

若い頃、共に過ごした仲間たち

一昨日、N丸さんと飲んだ。今年3月に定年退職したM山さんのお祝い会をやりたいが相談に乗ってほしいとの連絡を受けて会うことになったのだ。M山さんとは3月の小田原尊徳マラソンで一緒に走っている。

この仲間には他にN倉さん、K山さん,Mさん、U田さん、I黒さんの5人がいる。ごいさんが27歳から31歳まで勤務していた時の職場の同僚だ。みんな若くて行動的で未来はいくらでも開けている、そんな時代だった。その思い出とともに大切な仲間たちなのだ。久々に思い出したので、今日はそんな仲間の記録を残しておこうと思う。

まずは最年長のN倉さん。数学の先生です。最後は校長先生をやって退職した。その後は、幼稚園の園長先生として園児たちと楽しく過ごしている。スキーも上手いしスポーツ万能。当時の我々の良き理解者だった。

K山さんにはここずっとお会いしていない。どうしてるだろう。劇団に加わっていて新宿や池袋の小劇場に何回か観に行ったことがある。暮れには合唱団で第九を歌っている。話し出したら止まらない。有ること無いこと、尾ひれ背びれに胸びれまでつけちゃうから、どこまで本当なのか分からない。そうして彼の術中にはまっていくのがパターンだった。

Mさんの名前は漢字一文字なのでMさん。背が高く話し方はゆったりと穏やか。まさしくあのガンジーさんだ。ハイキングに行った時、写真を撮ったというので喜んで見せてもらったら足しか写っていなかった。他のも見たけどみんな似たり寄ったり。彼はファインダーを覗かない主義らしい。でも、膝から下だけ写っていてもなあ。本当に不思議な人なんです。

U田さんはこのブログにも何回か登場している。彼も不思議な人。柔道と空手の達人で、いかにも武士道そのものって感じだ。本当に真面目。どうしてごいさんと気が合ったのだろう。いかにも純粋な日本人なのに、教えるのは英語っていうのも面白い。

I黒さんはこのグループの紅一点。高校生の時は物理も含めてオール5という大天才。頭の回転がものすごく速くて、周りの我々はみんな置いてかれちゃう。今は手話を会得して、手話通訳のボランティアとしてもかなりの忙しさのようだ。今でもやっぱり能力は桁違いだね。

M山さんは、マラソンと山歩きの達人だ。同じ数学だからよく話をした。そしてよく飲んだ。彼とは2人で北海道旅行もした。彼のお蔭でその頃が充実していたとも思える。

最後にN丸さん。彼に出会った時、彼はまだ非常勤講師だった。もちろん数学。授業を終えても採用試験の勉強をして残っていることが多かった。必然的によく話すようになった。当然勉強の邪魔をしているのだが、それも承知で彼もよくつき合ってくれた。受かった時は本当にホッとしたよ。その後、職場は離れてしまったけど、一緒にスキーに行ったり家にも遊びに来てもらったりした。そして結婚式の司会までさせてもらった。いかにも後輩らしい後輩。そんな彼も55歳。学年主任でだいぶ疲れているよう。その責務から解放されたら、また一緒にスキーにでも行こうよ。

一昨年はごいさんの退職を名目に本当に久しぶりにみんなで集まった。バラバラになって30年。それぞれにいろんな人生を歩んで、みんな立派に成長している。それでも、あの頃の思い出がみんなで共有されているのは間違いのないこと。

前回は全員揃わなかったけど、今度はみんなが来られるといいな。みんなであの頃を思い出したら、きっと元気になれるような気がする。

 

f:id:goisan:20150429180907j:plain