読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

柏の葉キャンパスマラソン 2015.5.16

先日の土曜日に、昨年に引き続いて柏の葉キャンパスマラソン大会に参加してきた。自分はすっかり忘れていたのだが、エントリー締め切りの前日にY田さんから連絡が入った。「以前話していた柏の葉マラソンに参加したいのですが……。」そう言えば、そんな約束をしていたような。ということでお付き合いすることにしたのだ。Y田さんはまだ走り出したばかり。これから本格的に走ってもらうためにもその気持ちを大事にしたい。今年も1月の谷川真理マラソン、3月の三浦マラソンとけっこう頑張っている。

今年は4月から新入生の担任となって仕事量も大きく増えて大変だろう。クラスの子への対応にも何かと神経を使う。そんな時にこのマラソンをやっていることが生徒に対する時の自信につながると思う。生徒はいろんな角度から先生を見ている。だから自分に自信を持てるものが一つでも多いほどたくさんの生徒を惹きつけられる可能性があるのだ。それは別にスポーツでなくてもよい。若いということも魅力の一つだが、でもそれはいずれ消えてしまう。だから若いうちにそういうものをどんどん身に付けていくことはとても大事なことなのだ。

今までスポーツをあまりやってこなかった人がこれから何か始めるといってもなかなか難しい。その点、このマラソンというのは実にいいと思う。自分のペースでできるし、自分の努力が確実にタイムに現れるから何よりの励みとなる。それに生徒たちの多くは長距離走が嫌いである。フルマラソンを走るというだけである種の尊敬の眼差しで見られる。フルマラソンを走るというのはそれだけ価値があることなのだ。運動部の猛者たちからも一目置かれるのは間違いない。自分の頑張ったその達成感が生徒への対応にも自信を持たせてくれるはずだ。

今日のスタートは11時30分。朝のうちは雨がそこそこに降っていたが走る頃は上がってくれた。若干の蒸し暑さはあったが、天候は曇りでこの時期にしては比較的走りやすいコンディションだった。1周3kmのコースを7周する。公園の中だから平坦で走りやすい。3周を一緒に走って残りの4周はキロ5分を切るペースで走り切ることができた。Y田さんも自己記録には及ばなかったが満足の走りだったようで何よりだった。これでフルに挑戦したいという気持ちがますます強くなってくれると嬉しいけれど。ハーフの参加者は1,000名ほど(でもレベルは比較的高い感じ)。味噌汁も無料で配られるなど家族的な温かさを感じる大会。温水シャワーも使えるんです。

笑顔で活動してくれたボランティや役員の皆さま、本当にありがとうございました。

柏の葉キャンパス駅前のちょっとしたイベント会場でビール2杯をくぴっと飲んだら、昨日の歓送迎会の疲れがどっと出てきたようで、早々に退散。お疲れさまでした。

 

f:id:goisan:20150516111649j:plain