読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

長嶋茂雄ランニングロード

一昨日の金曜日、ラン仲間のS田さん、Y村さんとともに、伊豆長岡に別宅を構えるI坂さんのところに出かけて行った。もちろん目的は走るため。飲むのは走った後のお楽しみ。いわば付属品みたいなもんなんです。今回は、I坂さんお勧めの長嶋茂雄ランニングロードを走ってみようということになった。大仁橋から城山の山頂まで続いている。長嶋選手が現役の時に自主トレでここを走っては足腰を鍛えたという道だ。ただし、今回は城山への登頂はパス。

小田原駅を出たのはもう午後2時を回ってのかなり暑い時間帯。いつもなら電車に乗れば缶ビールといくのだが、今日はこの後に10キロ余りを走る予定がある。さすがに飲もうとは言わない。それに2人ともTシャツに短パン姿で今にも走らんとする勢いだ。そのやる気たるや凄い。

I坂さんの家に着くや否や2人とも走り出そうとしている。ごいさんも慌てて準備。これじゃ一番やる気がないみたいだ。4時30分スタート。狩野川沿いを大仁に向かって走る。川から時々吹いてくる風が冷たく感じられて気持ちよい。神島橋を過ぎるとあのランニングロードだ。川の反対側に城山という小高い山が見える。この頂上まで登るのは相当きつそう。これを駆け上ろうと考えるのは長嶋選手ぐらいなもんか。

f:id:goisan:20150821170844j:plain

大仁橋から商店街の方に出てみる。途中で大仁ホテルに向かう交差点があった。彼はこの道の途中にある坂道でダッシュを繰り返したという。行ってみたい気持ちはあったが時間の余裕が無くこれまた次の機会ということに。川沿いの道に戻って長岡方面へと向かう。目指すは長岡にある高齢者温泉交流館。ここにI坂さんがバイクで着替えを届けてくれることになっている。残り5キロちょっと。少しスピードアップして、約束の6時ちょうどに交流館に到着。入浴料は310円也。

近くのスーパーで飲食物の買い出し。まだ7時前だというのに半額の表示が次々と貼られていく。かごの中が半額になった商品で埋まっていく。まさに倍の量を買う勢いだ。確かにあれもこれもと買いたくなるのは分かるけど、ちょっと多いんじゃない。

明日はこの前走った山上りのコースを走ると言う。ごいさんは別の集まりがあるので明日は走らないと言うと、時間を早くするから一緒に走ろうと言う。着るものが無いと言ったら、今履いているパジャマ代わりの短パンでいいですよと言う。

朝の5時を過ぎても起きてこない。こりゃあ中止だと思ったのだが、6時をだいぶ過ぎて起きてきたS田さんがこれから走ろうと言う。Y村さんはもうシューズを履きかけている。時間が無いと言うと、とにかく山の往復だけでいいからと言う。往復8キロ。高低差は300m。ぎりぎり帰りの電車に間に合うかということで、やむなく走ることにする。

ごいさんは山の往復だけで勘弁してもらい、一足先に失礼して、9年ぶりの集まりに向かう。楽しいことが重なってしまうのはもったいないと思いつつ。

f:id:goisan:20150821164041j:plain