読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

つくばマラソン、完走

昨日のつくばマラソンにごいさんも参加してきた。金沢マラソンに続いて2週続けてのフルマラソン。もともとはこのつくばマラソンに照準を合わせていた。なんと言っても初めて4時間を切った大会だし、コースが平坦で記録が狙えるからだ。ところが金沢が当選して少し計画が狂った。手を抜けないごいさんは、金沢を全力で走り切った。結果として自己記録を更新したのだからそれはそれでいいのだけれど。でも足への負担がけっこうあって、足全体が重く特にふくらはぎに若干の違和感が残った。4年前の走り始めた頃に軽い肉離れをやっているのだ。前日にゆっくり目だが10キロほど走って走れるという感触を掴めたので、とりあえず今持っている力でベストを出すことに決めた。

さて当日の朝は3時半に起床。4時50分に家を出る。秋葉原でラン仲間のS田さん、Y村さんと合流する。会場にはスタート1時間前に到着。今年からウェーヴスタートが採用されて、Eブロックのごいさんは第2ウェーブ(C・D・E)の後方からのスタートになる。

f:id:goisan:20151122143458j:plain

9時10分スタート。2分遅れでスタートラインを通過する。7~8キロ過ぎた辺りで、ちょうどいいペースで走っているランナーさんを見つけた。キロ5分10秒ほどで安定した走り方だ。今日はこの人についていってみようと考えた。その後30キロ過ぎまで続くことになる。18キロ地点で左に曲がり農道に入る。ここからが新しいコースだ。時折、お爺ちゃんやお婆ちゃんの応援があるくらいで、単調な道が続く。今までのコースにはなかった若干のアップダウンがあったのには少しばかり動揺。それでも20キロまではキロ5分10秒のペースを維持。そして30キロまでの10キロはキロ5分15秒。まだ息は上がっていない。

30キロを過ぎて懐かしいあの音楽が聞こえてきた。「タランラ~、タラ~ラ~。」そう「ロッキー」のテーマだ。と言えば、あのロッキーおじさんだ。思わずロッキーって叫んでいた。おじさんはうつむき加減に微笑みながら片手を上げて応えてくれた。コースが変わってどうなったかと思っていたから会えたのがとても嬉しい。一番苦しいところをよく心得ている。

これを機にここからは自分の力で前を行くことにした。36キロを過ぎて、来た道に戻ってくる。そして、去年両足が攣った場所だ。あの時は本当に情けない気持ちだった。今年は行ける、行くんだ、と自分を鼓舞する。去年よりは練習している。そんな自分を否定したくない思いで足を動かす。応援の人も増えてきた。その声援に応えるようにスピードが上がる。もちろん笑顔も忘れないよ。最後は全力疾走でフィニッシュ。タイムは3時間41分38秒。なんと再び自己記録の更新。自分でもびっくり。

つくばが応援の少ないのは覚悟の上。でも応援してくれている人の熱気は凄かった。たくさん元気をいただきました。ありがとうございました。それからボランティアの皆さまにも大会関係の皆さまにもお世話になりました。本当にありがとうございました。

f:id:goisan:20151122143044j:plain