読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ブログの散歩 第14話 ~懐かしいスター ~

時々、過去に書いた記事を読み返すことがある。去年、一昨年の今頃は何を書いていたのだろうかと。毎年の事だから同じようなことを書いているのだが、微妙な感覚の違いがあって面白く感じる。それと、始めの頃の文体と今との違いのチェックだ。だんだんと慣れてきて横柄なものの言いようになっていないかとか。やっぱり初心の気持ちって大事にしたい。

そんな時にスターの欄に自然と目が行く。そうして最近はお目にかかっていない懐かしいアイコンに再会する。そして何気にそのアイコンをクリックしてみる。画面が切り替わって201〇年〇月〇日付けの記事が現れる。その方とのお付き合いはそこで止まったままだ。実はその後でコメント欄に書き込んでみたりもする。もしかして……なんて期待を寄せながらね。そういう方たちとのおつき合いは楽しかったし、毎日のように書いてくれる記事を読むのも楽しみだったのに、ある日を限りに突然更新されなくなってしまう。

ご挨拶をしてやめられる方もかなりいらっしゃる。やめないでと懇願に近いものから、しばらくお休みしてもいいからまた続けてほしい等々たくさんのコメントが寄せられる。その中にはごいさんのもあるのだが、それらのコメントに偽りはないと思う。やめる理由が書かれていてある程度はしょうがないものと思うのだが、本当に切ない気持ちになる。

逆に、ごいさんがこれでブログを閉じさせていただきますって書いたら、やはりいろんな人からの励ましの声が聞こえてきそうだ。ごいさんにもそういう読者さんが何人もいてくれると思っているから。そしてそれらの人たちが悲しい気持ちになるのは嫌だから、ごいさんはきっとやめない。

もしそういう日が来るとすれば、ごいさん自身の問題だ。記事を書けないまでに病気になった時だ。親の介護でも身内に不幸があったとしても、そういう時こそブログの世界の仲間に救いを求めたい。みなさんの一言がどれほどの励みになるかはよく分っている。だから決してブログをやめることはないと言い切れる。

ただし……、週に1回と1か月に2~3回の更新になったりする可能性はあるかもしれない。ちょっと弱気だけど、もともと書くのが苦手で、とりわけ趣味もあまりないごいさんには書く材料も少ないからね。

半年して、あるいは1年ほどしてふらっと戻って来られる方がいる。これはこれで本当に嬉しいことだ。もうフーテンの寅さんみたいでいいよね。忘れた頃に帰って来るなんていうのもありだと思う。いつ戻ってきても大歓迎。お兄ちゃんを心配しているさくらのような気持ちで、ずっと待っていたんだよ。

以上、いつも読んでいただいている皆さんに向けて、ごいさんのブログを続ける思いを改めて書かせていただきました。ということで、どうかこれからも末永いお付き合いをよろしくお願いいたします。

 

マンションの花壇に咲いている紫陽花。たくさんの蝶々が遊んでいるみたい。f:id:goisan:20160616124521j:plain