読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

コロンビア戦、引分け

前回のナイジェリア戦とは違い、格段に動きが良くなっていた。速いパス回しもできて、得点チャンスは日本の方が多かったくらいだ。残念ながらそのチャンスは生かせないまま前半を0-0で終了。前半を見ている限り勝つチャンスは大いにあると思われたのだが、後半14分に簡単な突破から失点を許すと20分にもオウンゴールで2点目を失う。また日本の悪い部分が出てしまったところだ。

しかし日本も22分に浅野、29分に中島の鮮やかなシュートで同点に追いつく。簡単には諦めないという思いが伝わってくるような得点シーンだった。その後も日本のペースでゲームを支配する。コロンビアの選手たちの動きが徐々に鈍くなり、その攻撃にも怖さが感じられなくなる。しかし日本もゴールが決まらない。終了間際の浅野の難しいトラップからのクリーンシュートもキーパーの正面だった。結局、勝ち越し点を奪えずそのまま2-2の引分けに終わった。

引き分けに終わったのとスウェーデンが負けたことで、決勝トーナメント進出の夢がわずかながらもつながった。さて最終戦は日本時間の木曜日の朝7時から。相手はスウェーデン。日本はどちらかというとヨーロッパスタイルの方が組し易いと思うし、実力的にも大きな差はないはずだ。ただ予選突破の条件はスウェーデンも同じだから、壮絶な試合になるだろう。

日本が決勝トーナメントに進めるのは、コロンビアがナイジェリアに負けて日本がスウェーデンに勝つか引分けた場合と、コロンビアが引分けて日本がスウェーデンに勝った場合である。もちろんコロンビアがナイジェリアに勝ってしまえばそれまでだ。ナイジェリアはすでに決勝トーナメント進出を決めているから、主力選手を温存することも考えられる。ナイジェリアにはしっかり勝ちに行ってほしいところなのだが。決勝トーナメント進出の可能性は残ったものの、その道がかなり厳しいのは間違いない。スウェーデン戦では勝利の女神が自分たちの方を向くようなそんなサッカーをぜひやってほしい。

いつもながらサッカーになるとついつい熱くなってしまいます。悪い癖です。

始まる前まではあまり気にしていなかったオリンピックだが、いざ始まるとついつい見てしまう。そうしてテレビの前で一喜一憂している。そうそう個人的には三宅選手の銅メダルが嬉しかったな。ジャークの3回目の時は一緒になって拳を突き上げていた。本当に良かった。それから池江璃花子選手の快進撃。あと何回日本記録を更新するか。メダル獲得はなるのか。ちょっとワクワクしている。さあ、これからの日本選手の活躍、まだまだ楽しみ。いろんなドラマが生まれそうだね。

 

f:id:goisan:20160808153148j:plain