読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

岡山マラソン ~ 前日 ~

12日土曜日、羽田空港を7時20分に離陸。岡山空港からは高速バスで約30分。9時半に岡山駅に到着した。ホテルに荷物を預けて10時からの前日受付けに向かう。何故こんなに急ぐかと言うと、今回は1泊2日の日程なので、今日のうちに観光を済ませてしまおうという考えなのだ。

f:id:goisan:20161112080854j:plain

受付けを終えて、川沿いに後楽園に向かって歩いて行くことにした。ちょうど現代アートの国際展覧会というのも行われていてランナーは500円割引になるというのだが、ごいさんはその方面にはあまり関心がない。後楽園のような広いところをのんびり歩く方が自分には向いている。

f:id:goisan:20161112122010j:plain

f:id:goisan:20161112124345j:plain

f:id:goisan:20161112123554j:plain

広い芝生の上でお年を召したご夫婦が食事をしていたが二人で会話している様子はとても楽しそうだ。所々に見られる紅葉も鮮やかだった。さすがに晴れの国、岡山。なんか分かるような気がした。ちょうど菊の展覧会が開かれていて、その艶やかな姿はとても素晴らしかった。

f:id:goisan:20161112121612j:plain

街のあちこちに桃太郎に関連したものがあるというのでそれを探しながら岡山駅まで歩いて行く。最初に見つけたのがマンホールのふた。そしたら消火栓や水道栓のふたにも桃太郎さんが描かれていた。そのうちキジ、イヌ、サルの像が現れ最後に可愛らしい桃太郎さんが登場。横断歩道のところには飛び出し防止用なのか鬼の金棒が通せんぼをしていたのも面白い。そして最後は駅前にある桃太郎さんご一行の立派な立ち姿。

f:id:goisan:20161112140117j:plain

f:id:goisan:20161112140247j:plain

f:id:goisan:20161112142104j:plain

f:id:goisan:20161112142221j:plain

f:id:goisan:20161112142819j:plain

f:id:goisan:20161112143356j:plain

f:id:goisan:20161112142118j:plain

f:id:goisan:20161112143519j:plain

駅に着いてまだ2時を少し過ぎたところということで、桃太郎伝説のモデルとも言われる大吉備津彦命を祭ってある吉備津神社に行くことにした。桃太郎線(吉備線の愛称らしい)の吉備津駅で降りて徒歩10分ほどのところにある。駅に着くたびに桃太郎さんのメロディが流れて、何回も聞いたらきび団子を食べ過ぎたような気がしてきた。

思っていた以上に大きい神社だった。七五三のお祝いで何組かの親子連れがいたのだが、それを見たらうちの孫のことが思い浮かんだ。来る27日にお祝いがある。長男がごいさんのマラソンのない日にとわざわざ合わせてくれたのだ。いつもだけど申し訳ない。

f:id:goisan:20161112153121j:plain

f:id:goisan:20161112154324j:plain

この神社の裏手を回って備前一宮までの散策路があるというのだが、今日はもう時間がない。いやそれ以上に今日の朝からの歩行距離がすでに25キロを超えていた。丸一日夢中で歩いていた。明日のことを忘れて歩き過ぎたみたい。おまけにお昼も食べていなかった。ということで、一路ホテルに戻ることに。

途中のスーパーで夕食と翌日の朝食を買い込む。チェックインしてベッドに足を放り出してようやく一息ついた感じ。いつもながら行き当たりばったりのごいさんでした。

f:id:goisan:20161112211218j:plain