読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

奈良マラソン ~ 当日(前) ~

一昨日の日曜日に奈良マラソンを走ってきた。土曜日に出かけて走った後にもう一泊して、奈良の観光も楽しむという二泊三日のコース。その観光編は後に回すこととして、早速に当日の様子から記していこうと思う。

この朝は、8時15分~20分に会場の中にある「足湯広場」という所でブログ仲間のマルさん、びあーさんと待ち合せをしていた。ホテルを出て5時50分の電車に乗り会場に着いたのが7時半。まだ余裕ありと思ってのんびり着替えていたら荷物預かり所の入口が長蛇の列になっている。どのくらい並んだのか。預けて出てきたらすでに8時10分。急いで足湯広場のテントのところに向かったが、どうやら皆さんまだ来ていないようだ。

この日のごいさんの格好は、分かりやすいようにとかすみがうらマラソンの紫色のシャツに黄色のアディダスのシューズ。おまけに胸には「ごいさん」の名前入りゼッケンが輝いている。これだけ揃えればさすがに見つけてもらえる……と思ったけどなかなか来ません。こりゃダメかと思い始めたその時にそっと歩み寄ってきた人がいた。それがマルさんだった。マルさんのブログを読むとこの奈良マラソンには思い入れがあるようで、すでにアップを終えてきたという。いかにもマルさんらしいなあと感心する。それから話をするにしたがって彼の柔らかみのある優しさが伝わってくるのだった。

そんな具合に二人で話をしながらびあーさんを待つ。時計を見てそろそろ行きますかと話した時だった。目の前にひょいとばかりに俊敏な感じの若者が現れた。もちろんそれがびあーさんだった。こんな年寄りごいさんにわざわざ会いに来ていただけるなんて実に嬉しい。後で彼のブログを読んだら荷物預けではごいさん以上に大変なことになっていたのにね。ほんの一言二言ぐらいの短い時間だったけど、彼が素敵な若者であることは確信できた。そして間違いなくこれからも進化し続けるだろうってこともね。これまた後で知ったことだが、このコースで自己記録を更新するなんて本当に素晴らしい。サブ3ももはや時間の問題だ。びあーさんのこれからがますます楽しみに思えてきた。

で、そんなに時間も無く少々焦り気味だったけど、シューズ円陣はばっちりと撮影。きっと多くの皆さんがこの写真を期待しているだろうし、それにごいさんもちょっと憧れていたんだ。ということで、3人のご対面は無事に果たされたのでした。

びあーさんと別れて、マルさんに案内されて整列位置に向かう。途中でトイレに行きますと言ったら、わざわざトイレのある場所まで案内してくれた。何気ないことだけどそれがまたとても温かく感じられる。もっといろんなことを話したかったけど、それは次の時のお楽しみということで、今日はここでお別れすることにした。

スタート直前のトイレはどこも大行列。やっとこさ順番が回ってきたのは、ブロックゲートが閉鎖される1分前。そしてゲートまで猛ダッシュ……で、滑り込みセーフ!

 

マルさんとびあーさん、なんとお揃いのシューズ。右がマルさん、左がびあーさん。f:id:goisan:20161211082255j:plain