読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

奈良マラソン ~ 当日(後) ~

今回は沿道の人たちとハイタッチを交わしながら楽しんで走るのを第一と考えた。ここにきて少しばかり疲れが溜まっているというのが第一の理由だ。そしてもう一つ、大会の目玉であるぜんざいとそうめんをしっかりいただくこと。大阪も岡山もタイムを意識してせっかくのエイドを無視してきた。やっぱりエイドも楽しみたい。ただそうは言っても参加する以上は最低限の課題として、20キロまでをキロ5分で走り、フィニッシュタイムを3時間40分以内とすることにした。

さて、ぎりぎりに飛び込んだこともあって、並んだのはDブロックの最後尾。ほどなくしてスタートの号砲が鳴る。直後の下り坂で少し時間を稼ぎたかったのだけど、相変わらずの混雑でこの位置から前に行くのはかなりしんどい。それでも沿道にいるたくさんの人たちから大きな声援を受けて、最初の10キロは50分17秒とまずまずのタイム。

やがて17キロを過ぎたところで最初の大きな坂がやってくる。ここで大音量で曲を流し応援してくれている忌野清志郎さんならぬ今ノ葉狂志郎さんとハイタッチを交わす。奈良マラソンの名物みたいだね。この坂はまだ前半ということもあってそれほど苦しむことなく上りきる。この10キロも50分27秒とまずまず。

次は下り坂だ。気持ち良いくらいに続くのだが、実は帰りは上り坂になるところだ。折り返してくるランナーたちが苦しそうに上ってくるのを見て思わず不安になる。それを振り払うようにして先へ先へと駆け下りる。25キロまでのタイムは2時間5分29秒だからここまではほぼキロ5分ペースだ。

そうしてぜんざいのエイドへとたどり着く。疲れた体になんとも優しい味でとても美味しい。大会でこんなにゆっくり食べるのって実に久しぶり。少し休んだら足の方も回復したようで、あの上り坂も思っていたほどに苦しくない。スピードもさほど落とさずに30キロ地点を通過した。この10キロは53分28秒。

f:id:goisan:20161211111228j:plain

30キロを過ぎて坂を下って行ったところにそうめんのエイドがあった。さっぱりとした食感で美味しい。できれば温かいお茶も……なんてね。少し行って今度は前半に上ってきた坂を一気に下って行く。ここでまた狂志郎さんとハイタッチ。残りは10キロを切った。

f:id:goisan:20161211114345j:plain

36キロ手前のきつめの上り坂では有森さんとハイタッチ。ここに来ての小さなアップダウンに足がもたない感じになっている。東大寺を曲がると残りは3キロ。この辺はたくさんの応援の人でごった返している。ここは強気でいくしかない。41キロからは今朝会場に向かって歩いた道だ。ここが上り坂なのは覚悟の上。時々「ごいさん」と声がかかる。その度に手を振って応え、頑張らなきゃと思う。そうして競技場に入ってラスト200m。最後の力を振り絞ってゴールイン。タイムは3時間39分48秒。

沿道の応援はとても素晴らしかった。そしてたくさんの人から「ごいさん、頑張れ」と応援してもらったのも嬉しい。いつものことだけど応援の皆さま、ボランティアの皆さま、大会関係の皆さまには大変お世話になりました。ありがとうございました。

それから、マルさんとびあーさんが一緒だということも大きな励みとなりました。ありがとうございました。またお会いしましょう。

 

f:id:goisan:20161211124457j:plain