読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

館山若潮マラソン ~ 前 ~

昨日は館山若潮マラソンを走ってきた。今回で4度目となる。直前になってA美さんが体調を悪くして、S田さん、Y村さん、そして自分の3人での参加となった。前日に富浦駅近くの宿に泊まり、朝8時に若女将さんの運転で会場のすぐ近くまで送ってもらう。リーズナブルな宿泊代金の上に送迎付きという至れり尽くせりのありがたいお宿なのです。「また来年も来てくださいね。」と笑顔で言われたら断る理由がない。

今日はよく晴れていて風もなくとても暖かい。スタートの10時までにはまだ時間があるが、早速に着替えて海沿いを軽く走ってみることにした。実は、ごいさんは少々風邪気味で喉に若干の痛みとわずかだけど咳も出るような状態だった。正直、今朝になるまでどうなるか不安だった。少し走ってみて特に問題もなさそうで、ようやく走る決意が固まる。

ブログ仲間で9時15分に会場内のトン汁コーナー付近に集まろうということだったので、ちょっと早めに行ってお汁粉を食べながら待つことにした。ほどなくして「激沈上等」と書かれた真っ赤なシャツを着ている方がお二人現れた。声を掛けてみるとそのお一人がfuruhon-yaさんだった。スリムな体型に精悍な顔立ちはいかにもやる気十分といった感じだ。何よりその真っ赤なシャツがよく似合っている。そのすぐ後にびあーさんとnaoさんが連れ立って現れた。naoさんはビニールを上に被っていてちょっとみたらキラキラ光っていて一瞬ウルトラマンのように見えた。これまたとんでもなく速そうな人だと直感した。そしてお馴染みになったびあーさん。ソフトなスマイルなのに凄い強さが感じられる。三者三様だけどこの大会にかける意気込みがひしひしと伝わってくる。

ごいさんはというと木曜日頃から少しばかり喉が痛くて葛根湯にお世話になっている。今日も咳や熱が出たら棄権を覚悟していたのだが。天は我に味方したというべきか、それとも昨日の夜にS田さんにがんがん飲まされたおかげというべきか、風邪の方はそれほどひどくはならなかった。今回のごいさんの目標は昨年のこの大会で出したコース記録3時間37分26秒を更新することだ。このアップダウンの激しいコースでのサブ3.5狙いは端からあきらめていた。

さて、ブログ仲間のお三人。みんな本当に素敵な方たちだった。話していると自分もまだ若いんじゃないかと錯覚するぐらい。まだまだ話せそうでもっと話をしていたかったけど、自分の仲間とのおつき合いもあったのでお先に失礼させていただいた。

少ししてスタートの列に並ぶよう放送が入る。ごいさんは記録的には3時間から3時間半のBブロックでもよかったのだが、館山の記録を考えて3時間半から4時間のCブロックの真ん中辺りに並ぶことにした。そしてスタートの号砲を待つ。

 

右がびあーさん、左がfuruhon-yaさん、対面がnaoさん、手前がごいさん。f:id:goisan:20170129091625j:plain