読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ごいさん、風邪でダウン

今日はいわきサンシャインマラソンを走る予定でいた。木曜日には意気揚々とその準備をしていたのだが、夕方あたりになって頭がじんわりと重たい感じになって少しばかり咳が出るようになってきた。風邪かと思ったが、熱もない。それでも大事を取って早めに寝ることにした。翌朝起きてみたら、咳は止まったものの喉に痛みを覚えるようになっていた。それでも熱の方は相変わらず平熱で、まだ風邪を引いたという感じはしない。

その日は午後からの授業。少しばかり不安になりながらも出勤する。授業の途中に窓の外を見ると、今にも積もりそうな勢いで雪が降り出していた。体調の方はというと熱もなさそうだし咳も出ない。ただ喉が痛いのと声のかすれが少しばかりひどくなっているようだ。何人もの生徒から、「先生、大丈夫?」なんて優しい声をかけられる。こういう時の生徒は本当にいつも優しい。

どうにか授業を終えて帰る段になるのだが、外の雪の降る勢いはますます強くなっている。この頃になってようやく寒気を感じるようになってきた。さすがにこうなっては明後日のマラソンは無理なんじゃないかと思うようになって、年のことも考えれば今回は自重すべきという判断に至ったのだ。弱気になった自分を否定するような考え方にも思えてしまうのだけどね。それに来週には京都マラソンも控えている。

家に帰って、早速にバス会社と宿の方にキャンセルの手続きを取る。ネットでバス会社のキャンセルを終えて、今度は宿の方に電話を入れるとここで驚くべき事実が明らかとなった。なんと向こうの予約者名にごいさんの名前がないとのこと。個人的な宿泊は承っていないと言う。そう言われましても、確認のメールまで受け取っているのだけど。でも今回はキャンセルを申し出るわけだからと思って大人しくしていたら、結局予約はなかったという扱いでキャンセル料はなしということになった。こちらとしてはありがたかったわけだけど、あのよろよろした状態で行って宿がないなんてことになったらどうなっていたのだろう。それを考えると、今回の風邪はなんとも幸運なことだった。たまには風邪を引くのも……いやいや、やっぱり健康が一番だよね。

金曜日、土曜日とぐっすり寝たおかげでどうやら回復に向かっている。まだ声だけ聞くと病人そのものだけど。さて、今日はとてもいい天気だ。暖かくなったら、ちょっとジョギングしてこようかな……なんてね。

愛媛のtoshiさん、順調に「無我夢中にサブ3」頑張っている。この調子で最後まで一気に行っちゃえ。 後は記録との戦いだ!

 

参加賞のシャツは事前に送られてきました。嬉しい。f:id:goisan:20170212105634j:plain