読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

尊徳マラソン 2017

昨日は小田原の栢山(かやま)で行われた尊徳マラソンに参加してきた。この栢山は二宮尊徳生誕の地なのである。ハーフの他に3キロの部とクォーターの部がある。参加人数はハーフの部で2,000人程度とこぢんまりとしたアットホーム的な大会である。ところが、これがなかなかのレベルなのだ。坂道のない平坦なコースでタイムも出しやすいからだろうか、自信を持ったランナーが多数参加しているように見える。

さてこの大会に参加するようになった経緯は3年前の記事にも書いたが、若い頃に同僚だったM山さんに会うためだった。その頃の彼は母を亡くし父の介護にも忙しかった。そんな話を聞いたら、なんとしてでも会わなければいけないと思ったのだ。大した役にも立たないのは承知だが、何かできないかという思いだった。M山さんはフルで3時間14分のタイムを残し、野辺山の100キロマラソンを8回も完走しているという猛者である。それが両親の介護もあってこの何年かは全く走れていないという。

今回も父親の緊急入院やらこれからのことやらといろいろあってかなり疲れているようだった。何の連絡もしていなかったのに彼もこうして申し込んでいたところを見るとごいさんと走るということが頭にあったのだろう。自分に会うことで少しは気がまぎれると考えてくれたのだと思うと何とも嬉しいことだった。

8時に待ち合せてさっさと着替えて整列する。今日は最初の1周目を二人で一緒に走り、2周目はそれぞれのペースでということにした。走る前に「この前20キロを走ったが途中で歩いたよ。」と話していたのだが、スタートの合図とともに予期せぬスピードで飛び出した。今の彼には飛ばし過ぎだろうと思ったが、だまって彼についていくことにした。1周目も残り2キロぐらいになってキロ4分台とさらにスピードアップ。遅いとごいさんに悪いという思いで飛ばしているのが手に取るように分かる。1周目が終わる時にはかなりの汗をかき息も上がってきていた。1周目は55分13秒。

2周目に入ったところで先に行かせてもらうことにした。残りは10キロ足らずで、スピード練習にはちょうどいい。前を見て追いつきそうだと判断したらスピードを上げて一気に追い抜く。そんなことを何度も繰り返してさすがにバテてくるのだが、抜いた相手に抜き返されるのも嫌だからますます必死になる。どうにかその後も抜き返されることなく無事にフィニッシュ。タイムは1時間42分21秒。後半の1周は47分08秒だった。

着替えを終えて、家から持ってきた缶ビールを飲みながらしばらく会話する。この時間こそが今日の本来の目的だった。本当ならどこかで反省会といきたいのだけどこの日のごいさんはもうお一方と会う予定があった。これも前の記事に書いたけど昔お世話になった事務長さんだ。今年で82歳になる。

ということで、M山さんの頑張っている話を聞いて自分もと勇気づけられる。お父さんの件や自身の異動のことでまだまだ忙しそう。1時間余り話をして、「落ち着いたらゆっくり会いましょう。」と約束して別れたのだった。

 

二宮尊徳生誕の家f:id:goisan:20170312150932j:plain

 

広告を非表示にする