三浦マラソン(後)

三浦マラソンの報告は前後編で完結する予定だったが、H口さんの話をどうしても書きたくて、結果として3回に分けることになってしまった。

 

やはり若い人たちと一緒に飲むのは楽しい。いろんな話が聞けてこちらも勉強になるし何より元気がもらえる。気を遣ってもらえるのも心地よい。今日ここに集まった若者たちはみんな4月からは新しい職場での活動を始める。不安があるだろうけれどそれを乗り越える若さがある。そして未来がある。(おまけだけど、ごいさんもついてる。) それに、10年後、20年後の自分がきっと見守ってくれているよ。だから元気を出して頑張るんだ。とことんね。

ほどほどに盛り上がったところで若い人たちを解放し、年寄りだけで2次会へ。毎回のように走っては飲んでいるわけだから、いい加減話すこともなくなりそうなのだがこれがそうでもない。それぞれが教養のある人たちだから聞いているだけでもなかなか面白いのだ。次から次へと話がどんどん変わっていくから飽きることも無い。そのうちにごいさんの愉快な仲間の紹介もやっていきたいね。とにかく素敵な仲間なんだから。

6時に閉店とういうことで店を追い出され帰途に着く。こうして今年の三浦マラソンも終わってしまった。すこし物悲しい気分。この3年間でいろんな大会に出たけど、三浦マラソンはごいさんにとっては思い出がいっぱい詰まった最高のものなのかも。

さて次の日曜日は小田原尊徳マラソンだ。小田原に住む昔の同僚と走る予定。この人がまたすごいランナーで、野辺山のウルトラマラソンに毎年挑んでいる猛者なのだ。ごいさんとは気持ちの持ち方がまるで違っている。ちょこっとは刺激をもらえそう。

 

 写真は、参加賞の三浦大根(なかなか大きくて立派です。)

f:id:goisan:20140304011300j:plain

 

 

広告を非表示にする