読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

しまだ大井川マラソン サブ4

5時半に目を覚ます。昨日コンビニで買ったパンとおにぎりで朝食を済ませる。窓を開けると眩しいまでの太陽が目に飛び込んできた。この宿に泊まるのも3回目。玄関先で女将さんと話をしながらみんなが出てくるのを待つ。そろったところで恒例の記念撮影。「来年もお願いします。」と声をかけ、6時50分に宿を出発。 

f:id:goisan:20151025063411j:plain

 焼津から島田までは電車で15分ほど。会場には8時少し前に到着する。もう慣れたもので慌てることもない。日陰はまだ寒いくらいだが日の当たっているところはかなり暑く感じられる。どうやら今回も暑さとの戦いになりそうな予感。それでも今日のごいさんは妙にテンションが高い。いつものようなスタート前の緊張感も無い。例年よりも多めに練習していることや、すでに北海道や会津のマラソンを走っていることが自信になっているのか。暑くは感じるがいつもより気にならない。

さてごいさんは去年と同じCブロックで、ゼッケン番号は2800番台。目標はサブ4達成とゼッケン番号以内でのゴールだ。20分前にスタートの列に並ぶ。日差しはますます強くなっているようだ。9時ちょうどに号砲が鳴る。最初の1キロは5分37秒と去年とほぼ同じだ。応援の多い街中を走るのはやっぱり楽しい。おじいちゃん、おばあちゃん、中高生、小さな子たち、いろんな人とハイタッチや声を交わす。

6キロを過ぎていよいよ大井川に出る。これからが長い長い戦いだ。道も広くなり走りやすくなって、全体のスピードもキロ5分15秒ぐらいに上がる。最初の10キロは53分55秒。そこからさらにスピードが上がる。オーバーペースになるのも考えたが、今日は行ける所まで行ってみることにした。ダメになったら後は自分の根性を信じるしかない。20キロまでの10キロは51分52秒。折り返して今度は上流に向かう。30キロまでの10キロが53分45秒。33キロ地点の大エイドまでさらに頑張る。このエイドを超えたところで足に違和感を感じペースがぐっと落ちる。残りは8キロほどだが、今の自分の力の限界か。それでも40キロまでの10キロを58分35秒で乗り切る。大エイドで2分近い時間を使ったことを考えればまずまずの走りだ。ラスト2キロ。自分では懸命に頑張っているつもりなのだが、スピードは上がらない。最後の最後で一人をかわしてフィニッシュ。タイムは3時間51分20秒。島田大井川マラソンでの初のサブ4達成。順位は1180位。

しばらく一人で芝生に寝っ転がって雲一つない青空を見上げていた。頭の中で42キロを振り返る。吹いてくる風がなんとも心地よい。ゴール後のこういう時が最高の気分なんだ。

駅近の中華料理屋さんで反省会。S田さんは残念ながらサブ4.5を達成できなかった。来年はごいさんが後ろから竹やりを持って応援するからねと言うと嬉しそうに震えていた。う~ん、走った後の本当に楽しい時間。これがいいんだよね。さあ、次は「つくばマラソン」。みんな自己記録更新を狙います。もちろん、ごいさんも。

今回も応援の皆さまやボランティアの皆さま、大会役員の皆さま、ありがとうございました。島田、大好きです。

f:id:goisan:20151025144738j:plain