読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

2017 相模原駅伝競争大会

昨日、今の学校の先生たちとチームを組んで相模原駅伝競争大会に参加してきた。5人で1チームとなり、会場となっている競技場の外を大きく一周して襷をつなぐというものだ。一周は3キロのコースだが、第1区だけは競技場内を余分に走るため3.3キロとなっている。わずかだけの違いだが、それでも1区には強者が揃うようだ。うちの学校からはA、Bの2チーム、計10人の先生が参加した。昨年の記事にも書いているが、こんな寒い中をしかもただ走るためだけに10人も参加するなんてそうそうできるもんじゃない。だいたいみんなランナーじゃないしね。こういう職場の雰囲気ってとても大事だと思う。

自分以外は、今年採用された先生も入れてほとんどが20代か30代の前半だ。そんな中にこんな年寄りを混ぜてくれるなんて何ともありがたい。自分は若い人たちと話すのが大好きだ。年寄りをヨイショしてくれて心地良いというのもあるが、何より活気があるのがいい。そういうのは見ているだけで楽しいし、若い人たちの会話はただ聞いているだけで十分に面白い。時々気を遣ってごいさんに話を合わせてくれるのも嬉しいことだ。

さてこの駅伝競走大会、優勝チームは5区間15.3キロを走って48分台ということだからけっこうレベルは高い。上位チームの選手たちの格好はビシッと決まっていて見るからに速そうだ。それからすれば、我々のチームは参加することに……なんていう感じなのだが、もちろん走る以上は少しでも上位に行きたいとみんな思っている。走る前になんだかんだと言ってはいるが、走り出すとみんな本気モードだ。

ごいさんはBチームのアンカーとして第5区を任された。みんなが実力以上に評価してくれるから緊張感が半端じゃない。それでもやっぱり自分も去年のタイムを上回りたいと思う。マラソンだって自己記録を更新してきて昨年よりずっと自信を持てている。今日は実家からここまでジョギングで来て、アップも十分だ。

4区を走った先生から襷を受け取る。前のランナーが見えていることもあってまずは追いつこうとかなりのスピードで走り出す。追いついたところでしばらく並走。その方は格好も走り方も様になっていていかにもランナーという感じだ。でも年は同じくらい。ならばとごいさんの闘争心に火がついた。残り1キロとなって息が上がってきたけど、フルマラソンの力を発揮するのはこの時とばかりに懸命に腕を振る。

競技場に入ると、若い先生たちの応援の声が届く。ここで抜かれちゃかっこ悪い。懸命のラストスパートで何とか逃げ切ってゴールイン。順位は82チーム中40位。自分のタイムは12分50秒(4:08、4:24、4:18)。チーム10人で3番目の記録ということで一応面目躍如だ。正直嬉しいけどここで偉そうにしちゃ若い人たちに嫌われちゃう。褒めてくれる言葉は素直に受け取るけどね。

今日一緒に走った先生の半分は今までに話したことのほとんどない先生だ。でもこれを機に明日から気楽に話せるようになる、そう思えるのが今日の何よりの収穫。

いろんな人と話をしたい。それがごいさんの永遠の欲求だから。

 

f:id:goisan:20170115113120j:plain