読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

母と一緒の墓参り

一昨日のお彼岸の中日にいつものように母を連れて父の墓参りに行ってきた。良く晴れて風もなく暖かで穏やかな日だった。父が亡くなってもう40年になるが、こうして自分がお彼岸に墓参りに行くようになったのはそんなに昔のことではない。50歳ぐらいまでは学校の仕事やら部活指導やらを理由にして、母のことも含めて妹夫婦に任せっきりだった。

それに、お墓に行ってもそこに父親がいるような気がしないというのも墓参りに積極的でなかった理由だった。いつの頃からか覚えていないが、いつでも自分のすぐ側に父親がいてくれるように感じているのだ。もちろん目に見えるわけじゃない。雰囲気というか気持ちというのか。きっと誰にもそんな感覚があると思うのだけど。時には高い空の向こうに、はたまた遠い山の頂に、あるいは自分の心の中にと、いつでも近くにいるように思っている。

それは自分自身の希望なのかもしれない。多分、自分が死んだらお墓の中にじっとしていられない。きっとあちらの世界でも自由に飛び回っているだろう。父親もそんな感じで、毎日忙しく母親や妹や自分のところ、孫たちのところを飛び回っているんじゃないかってね。死んでもそうやって楽しんでいる様子を考えては、父も幸せだろうなあなんて勝手に想像しているんだ。

さすがにお彼岸だけあって、多くの墓は綺麗な花で飾られている。お線香のいい香りが漂う。多くの人が手を合わせて、今は亡き先人に思いを馳せる。こういうのって大事にしたいけど、いつまで続くだろう。すでに自分の世代でさえお墓に入るという考えがなくなりつつある。樹木葬とか散骨葬とかにその形態は変わって行くのだろうか。どうであれ、信ずるところ思うところであればどこでも祈ることはできると思うけどね。

この日も母は一生懸命お墓を綺麗にしていた。そして作りたてのぼたもちやらお酒を供える。お線香を上げて静かに手を合わせる。何を祈っているのか。このお墓もいつかは無縁墓になっちゃうかなと言ったら、少しばかり悲しそうな顔をした。自分が生きている限りは大丈夫だよと付け加えて少しは安心したかな。

続けてこれまたいつものように横浜の祖父母の墓を回って墓参りを終える。こうやって母と墓参りに来るようになってまだ数年だ。母はいつも最後に「次はもう来られないかな。」と言う。きまって「大丈夫だよ。母さん、また来ようよ。」と僕は言う。母の作ったぼたもちはいつものように美味しかった。子供の頃からと甘さも大きさも変わらない。

 

f:id:goisan:20170320113014j:plain

 

広告を非表示にする

若い先生たちへ

水曜日の日の帰り際、一人の若い先生が近づいてきた。情報の授業を教えているT内先生だ。4月から新しい学校に異動するという。そう言われて、T内先生がこの学校に新採用としてやってきて5年になるのかと思った。神奈川県では新採用の先生は最初に赴任した学校は5年間しかいられないというのがルールなのだ。彼とは同じ教科ではないし担当のグループも違っていて職員室も2階と3階とで別れていた。ただ彼がその前年に他の学校で臨任という形で働いていた時に、そこにいたごいさんの教え子と仲が良かったというのが唯一の共通な話題だった。少しでも接点があればちょっかいを出すのがごいさん流の親しみの表現。それでも日常的に会って話をするという機会はほとんどなかったと思う。

4年前にごいさんは退職したのだが、その前の年から若い先生たちには自主映画の作成だったりみんなで箱根まで走ったりと、とにかくこんな年寄りの相手をよくしてもらった。そんな思いが高じて、自分が歩んできたことで少しでも役に立てればということで「若い先生たちへ」という冊子を作って配ったのだ。退任式の前の2~3日で書いたものだから実にお粗末なものである。恥も外聞もなく、20代から30代の前半ぐらいまでの20人くらいに配っただろうか。みんな優しいからにこにこして受け取ってくれる。その時のごいさんは正しく有頂天気分だった。

それから4年が経って、彼がごいさんに4月からの異動を告げた後にこう言ったのだ。「あの冊子は自分のバイブルとしてきた。それで担任も無事にやり遂げることが出きた。これからもずっと大事にしていく。」と。もう春だけど、それ以上に暖かいものを感じてしまった。年を取るとすぐに感動してしまう。自分もとっさに「ありがとう。」という言葉を返していた。

家に帰って、もう一度その冊子に目を通してみた。その時は書くことそのものに迷いもあったけど、それに本当に大したものではないけど、こうまで大事にしてくれた先生がいたことで、なんかまた自分に自信が持てたような気がする。

せっかくなので写真に撮ってこのブログにも残しておくことにした。冊子だとしまいこんだら二度と出てこないような気もするから。見にくいけど表示を200%ぐらいに拡大すればどうにか読めそうだ。これでいつでも読める。彼の一言でまた一つ嬉しい思い出が誕生した。

 f:id:goisan:20170318185520j:plain

f:id:goisan:20170318185457j:plain

f:id:goisan:20170318185638j:plain

 

広告を非表示にする

テーネンジャー8、久しぶりに集結

尊徳マラソンの前日、テーネンジャー8(エイト)の会というのを開いた。ご推察の通りこの会の幹事はごいさんである。翌日にマラソン大会を控えていたから多少のためらいはあったけど、みんなの都合を聞くとどうやらこの日が一番適当だった。尊徳マラソンの目的が友人のM山さんに会うためということとお酒の量は自分でセーブすれば済む話と考えて判断した。

都合のつかなかったA美さんを除いて、7人が顔をそろえた。1年前の上野公園での桜の花見以来になる。夏にも集まろうという話もあったのだが、なんとなくもたもたしていたら秋になり暮れになってしまった。そうこうしているうちに何人かの方から集まろうよという声を掛けられるのだけど、それでもついつい先延ばしにしてきた。こういうだらしないところが時としてごいさんにはある。

とまあそんなわけで遅ればせながら、3月はみんなの次年度の動向も分かって良いだろうということでやっとのこと開催することにしたのだ。テーネンジャー8というのは、最後の学校で一緒に退職した8人の仲間たちで作っている会の名称である。一つの学校で定年退職をするのはふつう2~3人なのだが、この時はなんと8人もいた。これだけいたら定年するという寂しさなんてどこにもない。逆に8人もいたらかしまし過ぎる。それまではあまり話すこともなかったのに退職の1年前からは妙な連帯感が生まれ、何やかんやと騒いでは老人パワーをさく裂させていた。文化祭では教員有志で制作した自主映画に主役の女の子を支えるヒーロー戦隊テーネンジャーという役柄で出演し大きな反響を呼んだ……(と思う)。

本当に退職の前年まで積極的な関わりはなかったのだが、こうして賑やかな1年間を共有したことで退職して4年も経つのにお付き合いが続いている。元副校長さんも元事務長さんも今では親しい仲間だ。国語、社会、数学、電気と教科はみんなてんでばらばらだけど、今は関係ない。そして紅一点のK手さんがこの会をより華やかにしてくれている。

こんな感じだから、この会の絆は今現在構築されつつあるということになるだろうか。会えば会うほどに彼らの魅力が見つかってますます面白くなりそうな予感がする。だからこの会はきっと長く続くと思う。何よりみんな生きることに意欲的だから、お互いそういった話を聞くだけでも十分な刺激になりそうだ。

大いに盛り上がってちょうどいいタイミングでお開きの時間となる。我々年寄りには腹八分目がちょうどよい。それでまた集まろうということになる。実際、夏と秋にも集まることになった。夏ははとバスツアーでスカイツリーの見物、秋は紅葉狩りを兼ねて山梨の増冨温泉に1泊だそうだ。

同い年でこんなふうに集まれるのはなんとも素敵だと思う。ずっと大切にしたい関係だ。だから永年幹事のごいさんの果たすべき役割は大きい。頑張んなきゃと思っている。さて、今度は早めにプランを立てないと……。

 

自主製作映画「コスモス(秋桜子)」のDVD。若い人たちが我々のために立派なものを作ってくれました。(感謝)f:id:goisan:20170316183258j:plain

 

尊徳マラソン 2017

昨日は小田原の栢山(かやま)で行われた尊徳マラソンに参加してきた。この栢山は二宮尊徳生誕の地なのである。ハーフの他に3キロの部とクォーターの部がある。参加人数はハーフの部で2,000人程度とこぢんまりとしたアットホーム的な大会である。ところが、これがなかなかのレベルなのだ。坂道のない平坦なコースでタイムも出しやすいからだろうか、自信を持ったランナーが多数参加しているように見える。

さてこの大会に参加するようになった経緯は3年前の記事にも書いたが、若い頃に同僚だったM山さんに会うためだった。その頃の彼は母を亡くし父の介護にも忙しかった。そんな話を聞いたら、なんとしてでも会わなければいけないと思ったのだ。大した役にも立たないのは承知だが、何かできないかという思いだった。M山さんはフルで3時間14分のタイムを残し、野辺山の100キロマラソンを8回も完走しているという猛者である。それが両親の介護もあってこの何年かは全く走れていないという。

今回も父親の緊急入院やらこれからのことやらといろいろあってかなり疲れているようだった。何の連絡もしていなかったのに彼もこうして申し込んでいたところを見るとごいさんと走るということが頭にあったのだろう。自分に会うことで少しは気がまぎれると考えてくれたのだと思うと何とも嬉しいことだった。

8時に待ち合せてさっさと着替えて整列する。今日は最初の1周目を二人で一緒に走り、2周目はそれぞれのペースでということにした。走る前に「この前20キロを走ったが途中で歩いたよ。」と話していたのだが、スタートの合図とともに予期せぬスピードで飛び出した。今の彼には飛ばし過ぎだろうと思ったが、だまって彼についていくことにした。1周目も残り2キロぐらいになってキロ4分台とさらにスピードアップ。遅いとごいさんに悪いという思いで飛ばしているのが手に取るように分かる。1周目が終わる時にはかなりの汗をかき息も上がってきていた。1周目は55分13秒。

2周目に入ったところで先に行かせてもらうことにした。残りは10キロ足らずで、スピード練習にはちょうどいい。前を見て追いつきそうだと判断したらスピードを上げて一気に追い抜く。そんなことを何度も繰り返してさすがにバテてくるのだが、抜いた相手に抜き返されるのも嫌だからますます必死になる。どうにかその後も抜き返されることなく無事にフィニッシュ。タイムは1時間42分21秒。後半の1周は47分08秒だった。

着替えを終えて、家から持ってきた缶ビールを飲みながらしばらく会話する。この時間こそが今日の本来の目的だった。本当ならどこかで反省会といきたいのだけどこの日のごいさんはもうお一方と会う予定があった。これも前の記事に書いたけど昔お世話になった事務長さんだ。今年で82歳になる。

ということで、M山さんの頑張っている話を聞いて自分もと勇気づけられる。お父さんの件や自身の異動のことでまだまだ忙しそう。1時間余り話をして、「落ち着いたらゆっくり会いましょう。」と約束して別れたのだった。

 

二宮尊徳生誕の家f:id:goisan:20170312150932j:plain

 

広告を非表示にする

東日本大震災の日に寄せて

6年前の今日14時46分に東日本大震災が発生した。その時は4階の職員室にいたのだが、窓のすぐ外にある電信柱が今にも倒れそうなぐらいに左右に大きく揺れた。一度収まったもののまたしても大きな揺れ。初めて机の下に身を隠すほどの恐怖を感じた。3月の午後なので学校にいる生徒は少なかったが、その後電車が止まりその多くは帰宅困難者となった。当時は防災の担当をしていたから、倉庫から乾パンや水、それと毛布などを大慌てで用意したのを思い出す。幸い、その日のうちに保護者の方が迎えに来てくれて生徒は全員帰路に就くことができた。

自分もやっとのことで自宅にたどり着いたのだが、そこでテレビに映し出される津波の映像に驚愕した。それまで地震が起こるたびに何度も耳にしていたのに特に関心も持たなかった津波という言葉。それが今、家を流し車や船を運びそしてたくさんの人をのみ込んでいる。とてもまともに見ていられる状況ではなかった。あまりの恐ろしさに顔から血の気が失せていくのを感じていた。

津波のニュースがひとしきり終わると今度は福島第一原子力発電所の事故のニュースが伝えられ始めた。一瞬チェルノブイリの悲惨な原発事故のことが頭をよぎったのだが、ニュースではそれほど慌てている様子もない。それぐらいなら日本の技術力をもってすればすぐに解決できるだろうなどとその時は実に安直に考えていた。それがニュースが伝えられるたびに、次から次へと新事実が出てくるという有り様。現実がきちんと伝えられていないなど不信感は募る一方で、もしかしたらこの関東一帯も放射能で覆われるのではないかと思ったほどだった。

あの津波で家や思い出の品々を失いその上かけがえのない家族までをも亡くしてしまった人たちのこれからを考えた時、何を祈ればいいのかも分からないほどだった。また福島では、あの事故のために10万人以上の人々が全てを残して強制的に避難させられた。これもまたそれまでの人生が消えてしまったかのような思いだったのではないか。そうしてすぐに戻れるという期待も見事に裏切られた。

まもなく浪江町の一部や飯舘村にも避難解除の指示が出されるという。これでだいぶ多くの町で避難解除となるのだが、どうやらそんなに簡単に戻れるものでもなさそうだ。除染がまだ完全に終わっていないという不安感がある。それから病院などの生活基盤もまだまだ不十分だ。いろんな思惑が錯綜する中での結論らしいと聞いたのだが、どうにも国のやり方には納得がいかない。

1年1年と記憶は少しずつ薄れていくのだろうけれど、こうしてその日のことを思い出し忘れないでいることが、その時に犠牲になった人たちへの供養や今も苦しんでいる人たちへの励ましになるのではないかとは思う。

そこでごいさん、ふとこんなことを考えてみた。今日は東北の物品を何かしら一つ買う日にしたらどうだろうって。一人1,000円として1万人で1,000万円。今日だけじゃなく震災のことを思い出した時に東北のものを一つ買うっていうのもいいかな。これぐらいならごいさんにもできそうだし。

 

f:id:goisan:20170311113608j:plain

 

三浦国際市民マラソン大会

一昨日の日曜日に三浦国際市民マラソン大会に参加してきた。今年から10キロがなくなりハーフのみとなったのだが、それでも申込者数が1万人を超えたという。出走したのは、S田さん、A美さん、Y村さん、若手のY田さん、元同僚S井さんのご主人、そして自分の6人。それに、応援でI坂さん、K島さん、S井さんと総勢9人での参加となった。

この三浦マラソンと先の神奈川マラソンにはもう15年以上参加している。K島さんから走りませんかという誘いを気軽に受けて走ったのが始まりだった。もちろんお目当ては走り終わった後の飲み会だ。10キロの部だったから特に練習しないでもそこそこには走れた。本格的に走ろうなんていう気持ちはさらさらない。以来、毎年この2つの大会には飲むためにだけ参加してきた。

今年の三浦はよく晴れて風もなくとても暖かだった。もう気持ちは終わった後の海辺での反省会に飛んでいる。そんな感じでぼやぼやしていたら並ぶタイミングを逸して前の方に行けなくなってしまった。予想通りの大混雑だ。9時スタートで、ゲストで来ていたQちゃんがみんなを笑顔で送り出してくれている。そう言えば初めてQちゃんに会ったのはこの三浦だった。そうしてQちゃんの大ファンになった。

スタートしてしばらく海岸沿いに進む。2.5キロのところを山側に入ったところから三浦霊園に向かっての最初の上り坂が始まる。一気に体力を消耗して、坂の途中でまさかの息切れ状態。前の何人かのランナーが歩き始めるのを見て弱気になるが、さすがにここで歩くのは許されないと思った。上りきると大根畑を見ながらの平坦な道が続く。やがて城ケ島大橋が見えてくる。この橋を渡って城ケ島を少し入ったところでUターンして再びこの橋を渡り終えたところが中間地点になる。この後に大きなアップダウンが2回ほど待っている。

最後の上りを終えたところが16キロ地点。ここから急坂を一気に下って海岸沿いを走る。右に海が見え、潮の香りも漂ってくる。残り3キロを切った辺りでQちゃん発見。周りにランナーがいなくて貸し切り状態でハイタッチ。最高の元気をもらっちゃいました。2キロを切り、ラストスパートに入る。最後で一気に5人ぐらいを抜いてフィニッシュゲートをくぐる。タイムは1時間40分2秒。順位は745位(10,111人)。昨年は1時間39分台を出せていたからちょっとだけ悔しい。気温が高かったのが影響したかしら。

買い出しから帰ってきたらもうみんな揃っていた。さて待ちに待った反省会の始まりだ。青い海に青い空。そして白い砂浜。走り終えた満足感と共に最高の気分だ。誰にも邪魔されないこの広い空間。みんな、心が解放されたよう。大いに飲み大いに盛り上がった楽しい時間だった。

ということで当然のことながら翌日は少しふらふらしながらの出勤と相成った。そしていつものように自己嫌悪に陥る。つい調子に乗ってしまう自分の悪い癖。華やげば華やいだ分だけ終わった後の何とも言えない虚しい気分。いつも同じで、性懲りもない人間だと情けなくなってくる。それなのにもう来年の三浦マラソンを楽しみにいている。

 

f:id:goisan:20170305141422j:plain

 

東京マラソンボランティア

この前の日曜日に東京マラソンのボランティアに参加してきた。4年連続の4回目。3年前のこの大会が自分自身の初めてのボランティア体験だった。大会で走るたびに、ランナーを励ましながら楽しそうに働いているボランティアの皆さんを見て、自分もやってみたいと思うようになった。そう思うといつも善は急げのごいさんなのだが、その時に出会ったのがこの東京マラソンだったのだ。見つけた瞬間には何のためらいもなく応募していた。

それでも大会が近づいて来ると自分にできるかという不安が強くなって一時はやめようかとも考えたのだが、結局は最初に思った通りにボランティアをやったらどんな気持ちになれるのかという関心欲の方が押し切った形となった。初めての仕事はゴールしたランナーにソイジョイを配ってはハイタッチを繰り返すというものだったが、あの時の感動は今も忘れていない。どのランナーもみんな素敵な笑顔だった。

そして何よりも驚いたのは、「皆さんのおかげで楽しく走れました。ありがとうございます。」と大きな声で感謝の言葉を言っては頭を下げていくランナーたちがたくさんいたことだった。それまでの自分はボランティアの人たちに軽く会釈はしても感謝という表現をしたことなど一度もなかった。これこそ市民ランナーのあるべき姿だと思った。それとボランティアとして一日中笑顔を絶やさないということがいかに難しいかということも知った。ボランティアの仕事が好きだというだけで簡単にできるものではないということも十分に思い知ったのだった。

次の大会からはごいさんも積極的にボランティアの皆さんや沿道の応援には声を出して応えるようにした。皆さんのお蔭で走れているのだから、そのためにも頑張ろうと思えるようになった。それからのごいさんは時々ボランティアをやっては自分の気持ちを振り返ることにしている。見た目はかっこ悪くても、心のフォームだけはかっこ良く走りたいと考えたのだ。

ということで今回も楽しみに参加させていただいた。今回の仕事は荷物の返却。気になったのはフィニッシュ地点からここまでかなりの距離があること。特にごいさんのいる場所は最後の方だから1キロ以上にもなる。更衣所までとなるとさらに数百m先になる。みんな重い荷物を抱えて歩いてくるのだが、ほとんどのランナーの顔から笑顔が消えかけている。身体の方もだいぶ冷えてしまっているようだ。大きな声で「お疲れさま」と声をかけるとなんとか笑顔を返してくれるがだいぶ辛そうだ。この動線は誰が考えたのか。今年は暖かくて良かったけど、寒かったり雨が降ったりしたらたまったものじゃなかったろう。

そういった感じだったので、いつものようなゴールした後のランナーの皆さんの満足感溢れる笑顔はほとんど見られず、少しばかり不完全燃焼に終わった今回のボランティア活動だった。来年はこの動線が少しでも改善されることを期待したい。9時から16時半までの長い一日だったけど、やっぱりやって良かったと思う。でも来年は走りたい……ですね。

 

f:id:goisan:20170226112109j:plain