読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

京都マラソン +α

着替えを終えてランナー出口で待ってくれていたカメキチさんご夫妻と改めて再会を喜ぶ。ブナさんが気遣ってくれて、ビールに餃子、唐揚げや大学芋とたくさん買ってきてくれた。こちらがお礼をしなければいけないのに、すみません。それに走り終えたばかりのごいさんはテンションが高くなっていてほとんど一人で喋っていた感じ。後になって、せっかくの機会だったのにもう少しお二人の話を聞けばよかったと後悔しきり。カメキチさんご夫妻とは3時を少し過ぎたあたりでお別れした。ごいさんの疲れを気にしてくれたのだと思う。今日は本当にありがとうございました。たれ目のぶたさんも大事にします。

お二人と別れて、鴨川に向かって歩き出す。鴨川を眺めながらもう少し飲もうと考えたのだ。途中でビールを買って、三条大橋から降りてすぐの川べりにどっかと腰を下ろす。バッグから缶ビールを取り出そうとしたのだが、掴み損ねた缶ビールが川に向かって転げだした。慌てて手を伸ばしたが間に合わない。川の中を浮き沈みしながら少しずつ下流に流れていく。口を開け茫然として見送っていると、左手の方に強い視線を感じて目を向けてみたら若い女性のお二人連れと目が合った。どうやら一部始終を見ていたようで、いかにもお気の毒にという顔をしている。そこでごいさん、すかさずカバンの中からもう1本のビールを取り出す。そして笑顔と一緒に彼女らに見せたら、安心したという感じでニコッと笑顔を返してくれた。2本買っておいて良かったと思った。

帰りの新幹線の中、前から少し気になっていた「思い出にも賞味期限というものがあるのだろうか」なんてことを考えてみた。今回も懐かしい場所を歩いてみたのだけど、若い頃のことを思い出しても以前のようにときめかないのだ。同じようなことが自分の小さい頃に育った町にも当てはまる。そこを訪ねればその頃のことがたくさん思い出されるのに、今の自分にはどうにもピンとこない。上手く言えないのだけど、立体だったのが平面的に、動画が写真になったような少し薄っぺらになった感じ。どちらも懐かしいのだけど、ずっと昔にそんな出来事があったぐらいにしか思えない。

そんなことを考えたら、思い出にも賞味期限があるんじゃないかと思うようになった。昔の思い出は大切だとは思うけど、何かの役に立つというのも聞かないし、今も感動するなんていうこともそうはなさそうだ。感動だって年が経てば色褪せてくる。上手い例えではないけど、人間の皮膚が毎日新しく作られているように、思い出もどんどん新しく作って行くのが大事なんじゃないかと思えてきたのだ。

例えば次に京都に行ったら、昔の思い出より先にカメキチさんご夫妻に応援してもらったことやマルさんにお会いしたことを思い出すのだろう。昔の思い出に引きこもらずいつも新しい思い出を作り出そうとしていけば生きる張り合いも出てくる。それに案外若さを保つ秘訣かもしれない……とも思う。

こんなたわいもないことを考えるのって楽しくて、それにいい時間つぶしになる。この日も、あっという間に新横浜駅に到着。新幹線、やっぱり速い。

 

f:id:goisan:20170219182133j:plain

 

広告を非表示にする

京都マラソン2017 ~ 後編 ~

ちょうど9時に号砲が鳴っていよいよ京都マラソンの始まりだ。Sブロックに続いてAブロックが動き出す。スタートロスが49秒とこんなに少ないのも初めて。多少の混雑はあるが、流れが速いのでまったく気にならない。

桂川沿いに出ると左前方に渡月橋が見えてくる。そこを右折していよいよ上り坂が始まる。そこから17キロ地点まで続く上りをどう走るかがこのレースのポイントになる。それに体調も今一つということで、とりあえず前半はキロ5分で走り、後半に多少の余力を残して何とかサブ3.5をキープしたいと考えた。それに21キロ地点ではカメキチさんご夫妻が応援してくれているので、そこではどうしても余裕のある走りを見せたかった。

入りの1キロは5分19秒だったがその後スピードを上げ最初の10キロを49分20秒でクリア。続く上り坂が基調の10キロも48分21秒と予定より若干速いペースで乗り切った。ただ時々咳が出るのがちょっと辛い。北山通に入っていよいよお二人の待つ京都植物園が近づいてきた。呼吸を整えて少しだけ笑顔の予行練習。それにしても沿道は凄い人の数だ。目印はブナさんが被っているという赤い帽子……。

少しスピードを落としてきょろきょろしながら走る。そうしてついに赤い帽子を発見した。お隣りにいるのは確かにカメキチさんだ。この嬉しさは、まさにハラショーという感じだね。三人みんなで最高の笑顔でハイタッチ。そこから2キロばかり行ってUターンして戻って来ると、今度は反対側に移動して待っていてくれた。さっきは気づかなかったが、大勢の人たちの中でひときわ目立つ可愛いピンクのぶたさん団扇。なんとブナさんの手作りだそう。本当に感激しました。

f:id:goisan:20170224174315j:plain

植物園の中を抜けて、今度は鴨川の河川敷を丸太町通まで南下していく。途中で30キロ地点を通過するが、この10キロは49分46秒とペースが少し落ち始める。丸太町通に出ると御所を横に見ながら烏丸通まで往復する。それから京都市役所で折り返しとなるのだが、そこが35キロ地点になる。

ここから始まる5キロほどの緩い上り坂に予想外の大苦戦。どうやら前半の疲れがどっと出始めたようだ。実際、歩き出す人も少しずつ増えている。止まりたいという思いを断ち切るように腕を振るが、キロ5分30秒を死守するのがやっと。ようやく下りになって40キロ地点を通過するのだが、この10キロは52分51秒もかかってしまった。

ようやくゴールまであと300mとなった最後の角を曲がると、正面にあのピンクのぶたさんを持ったお二人を発見。なんとか笑顔を作ってよろよろと近づいていく。最後の元気をもらって、ラストスパートに入る。もがくように走っている姿は格好悪いけどもうしょうがない。そしていつものように万歳スタイルでフィニッシュ。タイムは3時間32分25秒。順位は1305位。年代別で20位。う~ん、なんとか合格の範囲……だね。

最後になりましたが、応援していただいたたくさんの皆さま、ボランティアの皆さま、大会役員の皆さま、本当にありがとうございました。京都マラソン、素敵な大会でした。

 

f:id:goisan:20170219123935j:plain

 

京都マラソン2017 ~ 前編 ~

新横浜から新幹線に乗って京都駅には12時少し前に到着した。お昼はいつものように車内で済ませてある。もちろん崎陽軒の「シウマイ弁当」だ。大きな荷物をコインロッカーに入れて早速に「みやこめっせ」を目指す。地下鉄東西線東山駅で下車して、写真を撮りながらのんびり歩いて10分。平安神宮の大きな鳥居をくぐると「みやこめっせ」が見えてきた。

f:id:goisan:20170218125047j:plain

混雑も無くすんなりと受付を済ませてそそくさと会場を後にする。今回は明日の大会が終われば横浜に戻らなければならないので、今日のうちに京都の街を歩いておきたかったのだ。お目当ては京都御所。ありきたりだけどね。玉砂利が敷き詰められているこの広い空間、ごいさんの一番のお気に入りだ。この玉砂利を踏みしめながら歩く時のザクッザクッとする音が何とも心地よい。おまけに御所の中が無料で公開されているというハプニング?に遭遇。実際は昨年から通年で公開されるようになったらしいのだが、「こいつぁは春から縁起がいいわい」なんてことで、初めて御所の中に入ることができた。

f:id:goisan:20170218145559j:plain

(建礼門)f:id:goisan:20170218151556j:plain

(紫宸殿)f:id:goisan:20170218151809j:plain

(清涼殿)f:id:goisan:20170218152404j:plain

(御池庭)f:id:goisan:20170218152545j:plain

一通り見たらもう4時近く。ここからは電車で三条まで戻ることにする。そこから鴨川をのんびり歩こうという算段だ。若い時、自分にしてみれば数えきれないくらい歩いたところだ。そんな昔を懐かしく思い出しながら四条大橋まで歩いたところで雨が落ちてきた。予想もしていなかったから傘も無く歩くのはここで断念。宿に向かうこととした。

f:id:goisan:20170218161230j:plain

f:id:goisan:20170218161520j:plain

四条大橋のところにある東華菜館。ここのビアガーデン、よく行きました。f:id:goisan:20170218161609j:plain

翌朝、南草津駅5時47分発の電車で京都駅に向かう。京都駅には20分ほどで到着。そこから直行バスに乗り込むと、早くも7時前には西京極総合運動公園に到着した。まだ寒すぎて着替える気にはならないので一時体育館に避難。実は先週の風邪が尾を引いていてまだ咳が止まらないのだ。夜に咳き込むこともあってちょっとした睡眠不足にもなっている。週半ばに20キロぐらいを走ってみて大丈夫だろうという感触はつかんだのだが、練習不足とこの咳の影響がどうかという自分にしては珍しいくらいに不安を抱えて臨む大会となった。

さて待ちに待ったマルさんとの約束の時間の8時20分が近づいてきた。指定してくれた場所に向かうのだがとにかく人混みでごった返している。それでも指定の場所は分かりやすくて、すぐにマルさんを見つけることができた。思わず懐かしさと嬉しさが込み上げてくる。マルさんの格好といいその雰囲気といい奈良の時よりも俄然やる気がみなぎっているように感じられた。後でブログを拝見して、それが裏目に出てしまったような結果だと知った。期するものがあっただろうから、マルさん、かなり悔しかっただろうと思う。ぜひ次の機会にリベンジを果たしてくださいね。

マルさんはBブロックなのでその入り口で少しばかり話をしてお別れする。今回のごいさんはなんとAブロックだったのだ。もちろん初めて。周りの雰囲気が明らかに自分とはかみ合っていない。待っている時間のプレッシャーが半端じゃなくて、早くスタートしたい、ずっとそんな気分だった。

 

固い握手じゃなくて握足。上がマルさん。f:id:goisan:20170219081756j:plain

 

生きることが仕事だよ

昨日は母の87歳の誕生日だった。もうお馴染みになった丸いケーキと京都みやげの漬物を持って仕事帰りに寄ってみる。そしていつものように蝋燭に火をつけて吹き消してもらう。今年も無事に誕生日を迎えられたことにただ感謝だ。このブログでも毎年書いているからこれといって書くこともないのだけど、とりあえず最近の母を見ていて考えてみたことを記録しておこうと思う。

それは、生きていることそのものが今の母の仕事なのではないかということだ。何もしなくてもいい。生きているだけでみんなに元気を与えている。母がいるから自分も健康でいなきゃいけないと思う。母のような年寄りが一人で住んでいるというだけでも多くの人を勇気づけている。世の中にまだまだ十分に貢献できているのだと思ったのだ。

自分が小学校の1年生か2年生の時に、死ぬことがとても怖くて、死んだらどうなるかなんてことを母にしつこく聞いたことがある。多分、曾祖母が亡くなって初めて人の死を見てショックを受けた時のことだったと思う。「死んでしまったら何も分からなくなるだけ。痛くも何ともないよ。」そんなことを何度も聞いたけどよく分らなかった。だからその時は、死ぬなら母よりも先がいいと思ったことをはっきり覚えている。母が傍にいてくれたらきっと死ぬのも怖くない。痛くない、安心して死ねる。そんなふうに考えたからに違いない。

それからもう50年以上の歳月が流れた。その間に、父、祖父母、おじ、おばと何人もが亡くなって、死というものがだいぶ身近に感じられるようになったけど、それでも相変わらず死ぬのは怖いと思う。でも今は母より先に死にたいとは思わなくなった。自分にも子供がいて思うのだが、子供に先立たれるほどの悲しみはないだろう。その後の人生をどうやって生きていくか、考えることすらできない。よくニュースで若い人が殺されるという事件を耳にするが、本当に親の悲しみはいかばかりか。逆縁というのはあまりにも悲し過ぎる。

ごいさんは、機会あるごとに「母さんは元気に生きることが仕事なんだ。母さんの子どもで幸せだよ。」と言うことにしている。普通に会話しているとついむきになってしまう。言い過ぎたと思うこともしばしばだ。何を言っても母なら許してくれる。そんな甘えがあるからね。だから言える時には何度でもきちんと言っておくことは大事だと思う。そんなのは分かっているはずとは思うけど、口に出した方がきっと嬉しいはず。今のうちから何度も言っておけば、悔いを残すこともないと思っている。最初は恥ずかしかったけど、最近では当たり前のようになっている。

だから昨日も言ってきた。「母さんは生きるのが仕事。それで自分や妹を十分に幸せにしてくれている。ハッピーバースデー、母さん。」……ってね。

 

f:id:goisan:20170220142850j:plain

 

そうだ 京都、行くよ。

いよいよ明日は京都マラソンを走る。京都は大好きな街の一つだ。札幌、仙台、金沢、京都と大学受験の時はそこに住んでみたいという憧れだけで受験校を考えていた。結局どれもお金(学力の問題とはあえて言わない)の工面がつかなくて、諦めたわけだけど。

何年かして高校の親友が京都の大学院に通うことになった。百万遍あたりに下宿することになって、これ幸いとばかりに毎年夏休みを利用して1週間ぐらい訪れるのが数年続いた。朝、友人と下宿を出て大学に向かう。学食で一緒に食事をした後は、彼は研究室へ向かい、ごいさんは観光にと街に繰り出す。もっともお寺を見て回ったのは最初の頃だけで、後は街中をぶらりと歩き回るだけだった。それに何より楽しみだったのは新京極にあった「京都花月」だった。あの頃は「のりおよしお」や「オール阪神巨人」など漫才ブームでお客さんもけっこう入っていて賑わっていた。そこでたいがい半日を過ごしていた。親友は大学で一生懸命に研究しているというのにただ遊びほうけているごいさんだった。

夕方、親友と四条の橋の辺りで待ち合せて、夕食となる。時にはビアガーデンに行く時もあった。あの頃はちょっとリッチな気分でホテルフジタあたりにも行ったかしら。夕方の風に吹かれながら鴨川を歩くのが好きだった。カップルがたくさんいて、自分も京都に住んでいたらこんな感じになれたかなあなんて思ったりもした。下宿に戻って、今度は近くの銭湯に出かける。これも楽しみなことだった。京都には実にたくさんの銭湯がある。大学がたくさんあって下宿している学生さんが多いからだろうか。友人の話だと条例か何かで家にお風呂を勝手には作れないのだという。だから昔からの家にはお風呂のない家が多いのだと聞いた。本当かどうかは分からないが、さすがに今はそんなこともないのだろうね。寝る前にもまたひとしきり友と語る。いくら喋っても飽きることはない。友も自分もまだ未来の入口に立ったばかり。そんな時だったからいくらでも話すことがあった。

やがて友だちも働くようになり京都を離れたこともあって、それからは縁遠くなってしまった。だからごいさんが思い浮かべる京都は、いつもその頃のそのまんまの夏の日の京都の光景なのだ。

さて明日はわざわざカメキチさんご夫妻が応援に来てくれるという。そのための下見までしたというから本当にありがたい。カメキチさんご夫妻とハイタッチするまでは元気でいないとね。今のごいさん、まるで子供のようにうきうきしている。それとスタート地点ではマルさんと再会を約束している。奈良でご対面したばかりなのにもうずっと友だちのような気分でいる。相変わらず図々しいごいさんだ。マルさんの笑顔は本当に優しいんだ。きっとリラックスした気分にしてくれるに違いない。

さあ、まもなく出発。最後まで笑顔で走り切ります。応援よろしくお願いします。

 

f:id:goisan:20170218001912j:plain

 

高校入試とボランティア研修会

昨日から神奈川県の公立高校の入試が始まった。昨日が学力試験で、今日と明日は面接試験が行われる。この入試の業務はこの日の学力試験から始まり、今日明日の面接試験、それに来週の月、火の採点作業と丸々一週間かけて行われる。少しのミスも許されないから、採点も点検も何度も繰り返す。今年から一部にマークシートが導入されたが、全体としてあまり楽になったという感じではなさそうだ。受験生のことを考えればしっかりやることは当然なのだが、集中力の維持と緊張の連続でこの作業が終わる頃には精神的にも体力的にもくたくたになってしまう。今年も無事に終わることを祈りたい。

そしていつもながらに、自分の高校受験の頃が思い出される。50年ほど前のその日の朝は、前日に雪が降って校門から校舎へと続く坂道が凍っていた。友だちとふざけながら歩いていたごいさん、突然足を滑らせて思いっきりお尻を強打。カバンの中のものもみんな勢いよく飛び出した。一瞬「滑った。」と思ったけど、痛いお尻を手で押さえながら急いで飛び散ったものを拾い集める。それを見ていたみんなが大笑い。緊張感までどこかに飛んで行ったみたい。その頃からのごいさんらしいドジさ加減です。

ごいさんが中学生の頃は厚木飛行場に近い所に住んでいたのだが、ここにはまだ学習塾というものは存在しなかった。だからみんな勉強は学校でやるぐらいで、あとはたいがい遊んでばかりだ。実際、ごいさんも中学3年生になって、友だちに誘われて1年間新聞配達をやった。朝の4時に起き、自転車で2時間ほど配って帰ってくる。ご飯を食べて学校に行く。放課後は仲間とサッカーをやったりして遊ぶ。そして夕食を食べて9時には就寝。今思えばいつ勉強していたのだろう。妹は「あんちゃんは勉強が好きだから」といつも言っているから、勉強しているのを見ていたのだと思うのだが、自分の記憶にはまるで残っていない。そんなことを考えると、今の子たちが塾に通って必死に勉強しているのを見ると、今に生まれなくて良かったとつくづく思うのだ。今なら絶対に受からない自信がある。

f:id:goisan:20170215123409j:plain

夜になって、横浜マラソンボランティアのスキルアップ研修会に参加してきた。集まったのは400名ほどだろうか。募集が500名だったから若干少ないものの平日の夜7時にこれだけ集まれば良い方でしょう。昨年の10月にボランティアをやって以来で、少しばかり刺激をもらいたいと思って出かけてきた。

内容は「目の前で人が倒れたら何をするか」というのをテーマにした講演会。それほど目新しいものではないので特に何かを得たというのではないが、やはりこれだけの人が来ているというその活気に元気をもらえたように思う。こういうたくさんの人たちが無償の奉仕で支えてくれて大会は運営されている。本当にありがたいことなのだ。そう再確認できただけでも参加した価値は十分にあったと思う。

さあ週末は京都マラソンだ。たくさんのボランティアや応援の方たちに感謝しながら、最高の笑顔で走り切りたい。

 

f:id:goisan:20170215123432j:plain

 

ごいさん、風邪でダウン

今日はいわきサンシャインマラソンを走る予定でいた。木曜日には意気揚々とその準備をしていたのだが、夕方あたりになって頭がじんわりと重たい感じになって少しばかり咳が出るようになってきた。風邪かと思ったが、熱もない。それでも大事を取って早めに寝ることにした。翌朝起きてみたら、咳は止まったものの喉に痛みを覚えるようになっていた。それでも熱の方は相変わらず平熱で、まだ風邪を引いたという感じはしない。

その日は午後からの授業。少しばかり不安になりながらも出勤する。授業の途中に窓の外を見ると、今にも積もりそうな勢いで雪が降り出していた。体調の方はというと熱もなさそうだし咳も出ない。ただ喉が痛いのと声のかすれが少しばかりひどくなっているようだ。何人もの生徒から、「先生、大丈夫?」なんて優しい声をかけられる。こういう時の生徒は本当にいつも優しい。

どうにか授業を終えて帰る段になるのだが、外の雪の降る勢いはますます強くなっている。この頃になってようやく寒気を感じるようになってきた。さすがにこうなっては明後日のマラソンは無理なんじゃないかと思うようになって、年のことも考えれば今回は自重すべきという判断に至ったのだ。弱気になった自分を否定するような考え方にも思えてしまうのだけどね。それに来週には京都マラソンも控えている。

家に帰って、早速にバス会社と宿の方にキャンセルの手続きを取る。ネットでバス会社のキャンセルを終えて、今度は宿の方に電話を入れるとここで驚くべき事実が明らかとなった。なんと向こうの予約者名にごいさんの名前がないとのこと。個人的な宿泊は承っていないと言う。そう言われましても、確認のメールまで受け取っているのだけど。でも今回はキャンセルを申し出るわけだからと思って大人しくしていたら、結局予約はなかったという扱いでキャンセル料はなしということになった。こちらとしてはありがたかったわけだけど、あのよろよろした状態で行って宿がないなんてことになったらどうなっていたのだろう。それを考えると、今回の風邪はなんとも幸運なことだった。たまには風邪を引くのも……いやいや、やっぱり健康が一番だよね。

金曜日、土曜日とぐっすり寝たおかげでどうやら回復に向かっている。まだ声だけ聞くと病人そのものだけど。さて、今日はとてもいい天気だ。暖かくなったら、ちょっとジョギングしてこようかな……なんてね。

愛媛のtoshiさん、順調に「無我夢中にサブ3」頑張っている。この調子で最後まで一気に行っちゃえ。 後は記録との戦いだ!

 

参加賞のシャツは事前に送られてきました。嬉しい。f:id:goisan:20170212105634j:plain