読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

芦ノ牧温泉の仲居さん

さて今年の呑兵衛旅行は先日ご報告した通りだが、今日は番外編ということで芦の牧温泉宿で出会った仲居さんのことを書いてみようと思う。

名所などを見て回るのが旅の楽しみではあるが、それと同じくらいに楽しみなのが泊まる宿ではないだろうか。どんなお料理が出てくるのか。温泉はどんな感じか。露天風呂はどんな造りだろう。そして何より仲居さんはどんな人だろうってね。

以前にあの加賀屋に泊まった時の仲居さんの応対ぶりの見事さにはみんなで感激したものだ。上品な立ち振る舞い。多くを話さないが、我々の問いかけには瞬時に的を射た答えを返してくれる。才能もあるのだろうけど、相当に訓練されていると思った。今の加賀屋があるのはその施設がどうのこうのではなく、こういう仲居さんの存在があればこそだと理解した。

またある宿では、お話好きで調子のいい仲居さんがいた。喋ってばかりで仕事が遅れ気味。飲み物を頼んでも寄り道していてなかなか持ってこない。この時はがっかりだったなあ。一般的にはどこの仲居さんもしっかりしていてそつが無いという印象だけどね。

さて部屋に案内してくれた仲居さんは、入ったばかりという感じの若いお嬢さんだった。お爺ちゃんたちはこのような若い子を見るとめっぽう話しかけたくなるものだ。そんな様子を察知してか必要以上のことを話さないから、取りつく島がない。明らかに外れの客を掴んでしまったかのような悲しそうな顔にも見える。

7時半に夕食の会場に出向くとあの仲居さんがいた。相変わらずのお澄まし顔だ。恐る恐ると乾杯の写真を撮ってほしいと頼むとさすがに快く応じてくれた。それに乗じてI坂さんが「坂本冬美に似ているって言われたことはありませんか」という質問を投げかける。「いいえ」という返事にすかさず「演歌の歌手で知っている人は」と聞くと「石川さゆり」という名前が挙がった。そこから彼女がI坂さんと同じ青森の出身ということが分かって、ようやく会話の糸口が見つかった。こうなれば占めたもので、みんなこの時とばかりにやんやと質問を浴びせかける。時々彼女にも笑いが見られるようになったが、この笑い方が照れ隠しすることなく大胆に笑うのでこれまた大いに気に入るところだった。仕事じゃ無下に断れないのを知っていてまるで悪代官みたいなお爺ちゃんたちにつき合わされて、さぞかし疲れたことでしょう。

食事を終えて部屋に戻る途中で、その子を話題にしてI坂さんが「『いつまで呑んでやがる、いい加減に終われよ、この爺ィ。』と思いながら給仕していたんだろうなあ。」と、ごいさんに話しかけたところで、なんとご本人が自分たちのすぐ後ろを歩いているのに気が付いた。これに驚いたI坂さんはたちまち廊下に仰向けにひっくり返った。陰口は言ってはいけないということですね。

たっぴちゃん(仮名)というその子は、結果的にはとても感じの良い子だった。5年前に青森から出てきたということだから23歳前後かと思うけど、ぜひこれからも長く勤めて素敵な仲居さんになってほしい。そしてその頃、また会いに行きたいね。

 

f:id:goisan:20160809193958j:plain

 

人間ドックを受ける

昨日、人間ドックに行ってきた。2~3年に1度ぐらいでいいだろうと思うのだけど、昨年はヘモグロビンA1cがイエローゾーンで、その他に注意しなければいけない項目がいくつかあったのと、4月あたりからの体重の減少が気になっていたのもあって今年もやることにしたのだ。

検査は、身長と体重それに血圧の測定から始まった。体重は一年前と比べて5㎏の減。走る量を増やしたせいもあるのだろうけどちょっと気になる数字。身長は1㎝縮んだけど誤差の範囲。血圧は、ふだんは130前後なのだが、こういった検査とかで測るとなぜか140を超えてしまう。案の定、今日もそうだった。

次は心電図。昔から時々不整脈でひっかかったりすることがあったが、今回は何事も無かったみたい。そして超音波検査。去年は脂肪肝があると言われたが、今回は脂肪肝の疑いありに変わった。去年に引き続き腎臓には石があるということで、日頃から水分をよく摂るように注意される。

それから採血。あのチクリと針を刺す瞬間だけは相変わらず嫌いだ。今回もだがここのところヘモグロビン濃度が少し低め。献血に行っても「できません」って断られる。最後に行ってからもう1年以上過ぎてしまった。そして胸のレントゲン撮影。「はい息を吸ってぇ~、はい笑ってぇ~……。」なんて言わないよね。いつも期待してるんだけど。

視力検査は、勘に頼ったところもあるけど、右が1.5、左が1.2。だけどふだんは老眼鏡が必需品だ。肺活量も問題は無さそうだし、眼底・眼圧も大丈夫みたい。聴力は相変わらずお年寄りによくある症状で、これはどうしようもない。今のところ、生活に支障はないからね。

それからラウンジで待つこと1時間。ようやく胃の検査になる。バリウムでの検査は後処理が大変なこともあり、何年か前からカメラにしている。それに何と言っても実際に目で見てもらう方が確実だしね。今回も前回同様に鼻からのカメラをお願いした。口からの場合の飲み込む時のあの喉につかえてむせるというのがない。それに検査中もお医者さんと話ができるのだ。結果は、去年も言われたがポリープが何固かあるのと、慢性胃炎だそうだ。それからやはり食道が痛んでいるとのこと。5年前に逆流性食道炎と診断されて今も経過観察中。それでもとりあえずの問題はなしとの診断だった。

胃の検査を終えて、ラウンジで少し待って上に書いたような結果説明を受ける。一番気になっていた糖尿病関係もヘモグロビンA1cが去年の数値より0.2下がってイエローゾーンから脱したというのでだいぶ気が楽になった。

全てが終わると食事が出るのだが、今回は再検査も無く終わったということで、いつもより美味しく感じられた。げんきんなものです。さて、また1年元気で過ごしたいな。

 

f:id:goisan:20160820121936j:plain

 

伊豆長岡でのランニング合宿

17日、18日と伊豆長岡のI坂邸にお邪魔して、いつものラン仲間(A美さん、S田さん、Y村さん)と合宿を行ってきた。I坂邸に到着したのが午後2時30分、気温は35℃に届こうかという勢いだ。少し動いただけでも汗が噴き出してくる。とても走れる感じじゃないけど、それでも合宿に来たのだからとみんな覚悟を決めたようだ。一応安全第一ということで、走る距離は5キロ短くして10キロとした。

伊豆長岡と田京の中間にあるI坂邸を出発して狩野川の土手を走り8キロ先の修善寺で折り返す。2キロほど戻ったところの大仁の「一二三荘」という旅館がゴール。ここで温泉に浸かり、途中のスーパーで夜の食材を購入してI坂邸に戻るという計画だ。

3時を回っていざ出発。狩野川の土手に上ると日差しを遮るものは何もない。こんな時に走るなんてやっぱり無謀……だよね。修善寺まではみんな一緒にキロ6分のペースで走り、折り返してからの残り2キロは各自のペースで走ることにする。自分も最後はキロ4分30秒まで上げてフィニッシュ。年寄りランナーズの汗だらだらの格好を見て、一二三荘の女将さんはなんと思っただろう。

入浴料は400円と安いが、なかなか立派な温泉だ。少し熱めのお湯が気持ちいい。I坂邸に戻ると先に帰ったI坂さんが囲炉裏に火をいれて飲み会のセッティングをしてくれていた。買ってきたおつまみを皿に盛って、お待ちかねの宴会の始まりだ。走り終えた満足感から話も弾む。もちろん酒も進む。飲めや飲めやでボトルがどんどん空いていく。

翌朝、7時にA美さんを見送る。学校説明会の仕事が10時からあるのだという。Y村さんはすでに走らんばかりにスタンバっている。少し遅れてS田さんが起きてきたが、彼もまた走る気まんまん。どうやら走りたくないのは自分一人みたいだ。みんなあれだけ飲んだのに何ともないのだろうか。

結局、みんなの勢いに押されて走らざるを得なくなった。今日は激坂のコースだ。最初の3.5キロで300mの高さを上って行く。絶対に歩かないという気持ちで腕を振る。昨日のアルコールもあっという間に吹っ飛んだ。それから尾根伝いに3キロほど進むと今度は4キロに及ぶ急な下り坂となる。スピードが出過ぎて転びそうになる。その下り切った所にあの韮山反射炉がある。後は平坦な道を2キロ走ればゴールだ。距離は12.5キロ。

I坂邸にたどり着いて水シャワーを浴びた時は本当に生き返ったような気持ちだった。ともあれこれで2日間しっかり走ったから、合宿らしくはなった。I坂さんは昼から仕事なので少し早めにお暇することにした。我々のためにわざわざ仕事のシフトを変えてくれたのだった。いつものことながらだけど、本当にお世話になりました。感謝、感謝です。

飲むだけで終わるかと思っていた合宿だけど、何だかんだと言いつつもみんな懸命に走ったし、お互いにいい刺激になった。彼らと次に会うのは10月16日のタートルマラソン大会。それまでにもう少し実力をつけておきたいなあ。

 

f:id:goisan:20160817182927j:plain

第8回 呑兵衛達の旅 ~8月11日~

今朝は午前3時を回ったところで目が覚めてしまったので、少し早いが走りに行くことにした。フロントで靴ひもを結んでいたらホテルの宿直の人が現れた。「これから走るんですか」「え~」「少し前に熊が出たんですよ」「えっ……」「でも最近は出てないみたいですけど」「……、……」「この鈴、持っていきますか」ということで、鈴を借りてもう後戻りができない。まだ外は真っ暗で外灯もない。そこで明るくなるまではホテル周辺を走ることにした。少しして周りが見えるくらいの明るさになったので、こうなれば熊さんが出ても大丈夫だろうと思い先まで行くことを決意。結局この日の距離は17キロ弱。宿に戻って鈴を返す時、先ほどの方がにっこり微笑んでくれた。f:id:goisan:20160811055723j:plain

朝食をさっさと済ませ部屋に戻って日本対スウェーデンの試合を観戦する。コロンビアがナイジェリアに負けることが前提だったのだが、コロンビアが先制してしまう。さらに後半に入って追加点を決め、コロンビアの勝利は決定的となった。日本も1-0で勝利したが結局予選敗退。しょうがないね。9月から始まるワールドカップ予選に期待することにしよう。

さて呑兵衛旅行も最終日。宿を9時に出発し、まずは磐梯山噴火記念館に向かう。磐梯山の他に御嶽山や長崎の普賢岳などの解説もされていて興味深いものがあった。30分ほど見学して桧原湖に戻ると、ちょうど遊覧船が出たところ。どうしたものかと迷っていたらモーターボートを勧められた。一周20分で説明もしてくれるという。最初は戸惑ったが、そこは興味いっぱいのお爺ちゃんたち。初めてのモーターボートに挑戦することになった。これが大正解。そのスピード感は最高の気分だった。小回りも利くし、端から端まで行ける。5人のお爺ちゃんたちのはしゃぎようは子供みたいだった。運転してくれたお兄ちゃんも爽やかで説明もとても上手でした。f:id:goisan:20160811091449j:plain

f:id:goisan:20160811100438j:plain

f:id:goisan:20160811101304j:plain

f:id:goisan:20160811101603j:plain

次に向かったのは、高村光太郎の詩集「智恵子抄」でお馴染みの高村智恵子の生家。ごいさんには病気がちの可哀そうな女性ぐらいの印象しかなかったのだが、ここで出会った智恵子はそうではなかった。積極的で強く生きた女性だった。彼女の作った紙絵も本当に素敵で、一つ一つの作品から彼女の思いが伝わってくるようだ。智恵子の素晴らしい才能に感服。光太郎にとって彼女の存在がいかに重要であったか、初めて理解できたような気がした。f:id:goisan:20160811115748j:plain

最後の見学地は、安達ケ原の鬼婆伝説の「黒塚」だ。黒塚とはその鬼婆の墓で、観世寺というお寺から歩いて3分ほどのところにある。お寺の敷地内には鬼婆像や鬼婆の住んでいた岩屋、血で染まった包丁を洗ったという池が残されていて、観光客も多いという。能や歌舞伎の演目としても有名らしいのだが、ごいさんにはこの手の知識がまったくない。改めてこの旅行のありがたさを思い知ったところだ。f:id:goisan:20160811132944j:plain

f:id:goisan:20160811135039j:plain

f:id:goisan:20160811134146j:plain

さて、これで見学はすべて終了。一路、郡山駅を目指す。お土産には定番の「柏屋薄皮饅頭」と「ままどおる」を購入。16時30分発のやまびこ146号で帰途に就く。旅の終わりの寂しさはあるが、来年の旅への期待感がまた新しく膨らむ。来年は東北6県の最後、宮城県。どんな呑兵衛旅になるのかな。

 

(観世寺にいたのらちゃん)f:id:goisan:20160811134939j:plain

 

第8回 呑兵衛達の旅 ~8月10日~

朝の4時過ぎにそっと部屋を抜け出す。まだひんやりした空気が気持ち良い。知らない土地を走るのは魅力的だ。今朝は、5キロ先の会津鉄道芦ノ牧温泉駅」を目指す。この駅は猫の駅長さんがいるということで有名なのだそうだ。もちろんこの時間はまだ睡眠中。6時少し前に宿に戻り、朝風呂に浸かる。やっぱり走った後は気持ちが違うね。f:id:goisan:20160810044606j:plain

f:id:goisan:20160810051059j:plain

今日の見学は、会津藩校「日新館」から。開館時間に合わせて到着したから一番乗りだ。こういうのも気分がいい。藩士の子は10歳になるとここに入学する。生徒数は1,000人を超えていたという。15歳までは素読所(小学)で礼法や書学、武術を学び、修了して優秀な成績を残すと講釈所(大学)への入学が認められたという。現在の日新館は、戊辰戦争で焼失したものを1987年に現在の地に完全復元したものだそうだ。f:id:goisan:20160810092733j:plain

f:id:goisan:20160810095250j:plain

f:id:goisan:20160810095212j:plain

次に向かったのは「勝常寺」という一見どこにでもありそうなお寺だ。周りには住宅が建ち誰でも自由に境内に出入りできる。そんなお寺に1200年もの歴史を持つ国宝や重要文化財の仏像が12躯も安置されているなんて誰も思わないだろう。実はこの勝常寺法相宗の徳一上人よって807年に創建されたという名刹なのだ。他の寺院では拝観というと柵があるなどして遠目に見るといった具合なのだが、ここには柵もなくすぐ目の前で見られるのが凄い。しかも拝観料は500円なのだ。f:id:goisan:20160810103701j:plain

最初に寺の入り口近くにある収蔵庫に案内される。そこには国宝の日光・月光菩薩像と重要文化財の仏像9躯が安置されていた。確かにこれだけ揃うと圧巻の一言に尽きる。続いて、建物そのものが重要文化財の指定を受けている会津中央薬師堂で中央薬師(木造薬師如来坐像)と対面する。ひんやりしたお堂にお線香の香りが漂う。薬師如来像を目の前にして、まさに幽玄の世界に引き込まれていく感じだ。自然と両手を合わせて目を閉じる。f:id:goisan:20160810105614j:plain

この後、喜多方市でM橋さんお勧めの「老麺まるや」というお店で喜多方ラーメンを食べる予定だったのだが、お祭りのため道路が閉鎖されそのお店まで辿り着けない。みんなもまだお腹が空いていないというので、昼食は道の駅「裏磐梯」で軽く済ますことにした。

そして今日のメインの五色沼の散策となる。裏磐梯高原バス停から五色沼入口バス停に向かって歩く約3キロのコースだ。柳沼から始まって、青沼、瑠璃沼、弁天沼、深泥沼、赤沼と続き、最後に一番大きな毘沙門沼で終わる。五色沼1888年磐梯山の水蒸気爆発によってできたもので、それぞれの沼の水に含まれる成分や水中の植物の違いにより、緑、赤、青などの様々な色彩を見せることが名称の由来になっているとのことだ。f:id:goisan:20160810135423j:plain

f:id:goisan:20160810135629j:plain

(瑠璃沼)f:id:goisan:20160810140750j:plain

(毘沙門沼)f:id:goisan:20160810144714j:plain

さて今日のお宿は「裏磐梯高原ホテル」。我々にはそぐわない感のある立派なホテルだ。天皇陛下や皇太子も利用したという。まず感激したのが中庭からの眺め。綺麗に手入れされた芝生の庭の向こうに五色沼の1つ弥六沼が広がる。そしてそこから望む磐梯山はまさに絶景だった。裏から見る磐梯山、なんて魅力的なんだろう。f:id:goisan:20160810162044j:plain

f:id:goisan:20160810170519j:plain

(そして乾杯! 今日も楽しかったね。)f:id:goisan:20160810182343j:plain

 

第8回 呑兵衛達の旅 ~8月9日~

8月9日から11日まで呑兵衛仲間と旅行に行ってきた。7年前の青森から始まって今年で8回目になる。メンバーは、古希を迎えたM橋さん、1つ上のO矢さん、1つ下のI坂さん、2つ下のS渡さん、それに自分を加えた5人だ。今年は福島県会津裏磐梯周辺を巡る。朝の8時56分のつばさ129号で東京駅を出発。10時13分郡山で下車してレンタカーに乗り換える。

f:id:goisan:20160809090728j:plain

f:id:goisan:20160809103555j:plain

(あなたに素敵なことは起きた……かな?)f:id:goisan:20160809104154j:plain

最初の目的地は野口英世記念館。何もない所に近代的な建物が建っていて、野口英世の生家はその一角に保存されていた。小学生の頃に彼の伝記を読んで感動した思い出がある。お昼は隣にある「清作茶屋」というお店で「清作そば」をいただく。納豆の天ぷらが付いた温かいお蕎麦だ。観光地ということであまり期待していなかったのだが、なかなか美味しいお蕎麦だった。

f:id:goisan:20160809115942j:plain

野口英世氏とのツーショット)f:id:goisan:20160809122614j:plain

次に、白虎隊の隊士が眠る飯盛山に向かう。この場所は去年の会津マラソンの時に一度訪れている。その時は夕方5時近くということで観光客もほとんどいなかったが、今日はたくさんの人で賑わっていた。ブラタモリで放送されたというのでその影響もあるのだろう。前回は鶴ヶ城がどこに見えるのか分からなかったが、今日は観光ボランティアの方が説明しているのを横で聞いてようやく見つけることが出来た。そのボランティアさんから白虎隊のいろいろな話を聞けたのも思わぬ収穫だった。

(まっすぐ伸びたアンテナの向こうに鶴ヶ城が見えますよ。)f:id:goisan:20160809140737j:plain

続いて向かったのは会津武家屋敷。ここは昨年時間に間に合わず見学できなかったから、今回は楽しみにしていた。入口には、小説「姿三四郎」のモデルとなった西郷四郎像が出迎える。この武家屋敷は、会津藩家老西郷頼母の屋敷を中心に、旧中畑陣屋や数奇屋風茶室、藩米精米所などの歴史的建造物が軒を連ねる。家族、親戚が自刃したシーンなども再現されていて、なかなか見応えのあるものだった。

f:id:goisan:20160809155338j:plain

f:id:goisan:20160809150521j:plain

f:id:goisan:20160809151214j:plain

そして今日の最後の見学地は大内宿。到着した4時半過ぎには、お店もあらかた閉まっていて、観光客もまばらだった。おかげで眺めも良くゆっくりと見物ができた。何年か前に行った山形の庄内映画村を思い出させるような光景だ。ねぎ蕎麦や焼き団子が売られていたが、夕食の時間が近づいていて食べられなかったのが少しばかり心残りだった。

f:id:goisan:20160809164842j:plain

f:id:goisan:20160809165352j:plain

f:id:goisan:20160809165557j:plain

f:id:goisan:20160809165815j:plain

今日の宿は芦ノ牧温泉の「丸峰ホテル」。食事、温泉、その他にどんな施設があるのかと、子供のようにワクワクする。そしてそれ以上に楽しみなのが仲居さんなのだが、それについては別記事にまとめようと思う。

さて、部屋に入るとまずはビールで乾杯だ。呑兵衛だからしょうがない。風呂に入って汗を流し、夕食の会場へと向かう。お品書きを見てこれから出てくるお料理を想像する。目で楽しみ味を楽しむ。そしてもちろん酒を楽しむ。2時間余りの食事を終えて、部屋に戻る。いつものように2次会と相成るのだが、毎年みんなの飲む量が少しずつ減って、1時間程度でお開きになる。布団に横になった瞬間、睡魔が襲ってきた。

f:id:goisan:20160809193628j:plain

 

コロンビア戦、引分け

前回のナイジェリア戦とは違い、格段に動きが良くなっていた。速いパス回しもできて、得点チャンスは日本の方が多かったくらいだ。残念ながらそのチャンスは生かせないまま前半を0-0で終了。前半を見ている限り勝つチャンスは大いにあると思われたのだが、後半14分に簡単な突破から失点を許すと20分にもオウンゴールで2点目を失う。また日本の悪い部分が出てしまったところだ。

しかし日本も22分に浅野、29分に中島の鮮やかなシュートで同点に追いつく。簡単には諦めないという思いが伝わってくるような得点シーンだった。その後も日本のペースでゲームを支配する。コロンビアの選手たちの動きが徐々に鈍くなり、その攻撃にも怖さが感じられなくなる。しかし日本もゴールが決まらない。終了間際の浅野の難しいトラップからのクリーンシュートもキーパーの正面だった。結局、勝ち越し点を奪えずそのまま2-2の引分けに終わった。

引き分けに終わったのとスウェーデンが負けたことで、決勝トーナメント進出の夢がわずかながらもつながった。さて最終戦は日本時間の木曜日の朝7時から。相手はスウェーデン。日本はどちらかというとヨーロッパスタイルの方が組し易いと思うし、実力的にも大きな差はないはずだ。ただ予選突破の条件はスウェーデンも同じだから、壮絶な試合になるだろう。

日本が決勝トーナメントに進めるのは、コロンビアがナイジェリアに負けて日本がスウェーデンに勝つか引分けた場合と、コロンビアが引分けて日本がスウェーデンに勝った場合である。もちろんコロンビアがナイジェリアに勝ってしまえばそれまでだ。ナイジェリアはすでに決勝トーナメント進出を決めているから、主力選手を温存することも考えられる。ナイジェリアにはしっかり勝ちに行ってほしいところなのだが。決勝トーナメント進出の可能性は残ったものの、その道がかなり厳しいのは間違いない。スウェーデン戦では勝利の女神が自分たちの方を向くようなそんなサッカーをぜひやってほしい。

いつもながらサッカーになるとついつい熱くなってしまいます。悪い癖です。

始まる前まではあまり気にしていなかったオリンピックだが、いざ始まるとついつい見てしまう。そうしてテレビの前で一喜一憂している。そうそう個人的には三宅選手の銅メダルが嬉しかったな。ジャークの3回目の時は一緒になって拳を突き上げていた。本当に良かった。それから池江璃花子選手の快進撃。あと何回日本記録を更新するか。メダル獲得はなるのか。ちょっとワクワクしている。さあ、これからの日本選手の活躍、まだまだ楽しみ。いろんなドラマが生まれそうだね。

 

f:id:goisan:20160808153148j:plain