読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「ごいさんファミリー」のご紹介

「ごいさんファミリー」とは勝手に命名しているだけだが、今日はタートルマラソンに参加した仲間の紹介をしたいと思う。知らない方には面白くもない中身ですが、読んでいただければ嬉しいです。

まずはS田さん。大ベテランの数学の先生で、授業中の声は大きく廊下中に響き渡る。酒の嗅覚に優れていて飲み屋を探させたら天下一品だ。彼の夢は奥さんを連れてホノルルマラソンに参加すること(奥さんは応援)だ。それはごいさんの走り出すきっかけにもなっている。今日は折り返し過ぎ辺りまではごいさんについていたのだが、後半は靴紐の締め過ぎと暑さのせいで失速してしまった。今シーズンの目標はサブ4.5。その力はもう十分なのだが、後は彼の気持ち次第。

続いてY村さん。彼もまたベテランの数学の先生である。そして我がチームのエースだ。今シーズンはサブ3.5を狙う。そしてそれはきっと可能だと思っている。今日の結果は1時間39分台とベストに近い。彼にとっては暑さなんてものともしないのだ。

次に若手の男性のお二人。F井さんは新しい学校で毎日を忙しく働いている。すごく真面目な人だから頑張り過ぎるのが心配だ。だからたまにこういった大会に参加するのは良いことだと思う。今日は足の小指を骨折しているということもあり記録的には不満足だっただろう。

S藤さんは3月までずっと臨任の先生として働いていたが、今年は「ファイテン」で働きながら整体の学校に通っている。近いうちにその方面での彼の活躍が見られることだろう。今日はずっとごいさんの前方50mぐらいを走っていたが、足の故障もあり最後に力尽きてしまったようだ。S藤さんは、走る前や走り終わった後にマッサージもしてくれるから、居てくれるだけでとても安心できる。

続いて若手女性陣のまずはK子さん。老若男女誰からも愛されるキャラクターの持ち主だ。もちろんごいさんも大好きです。彼女がいるだけで明るい。けっこう言いたいことを言っている……のに嫌味が無いから素直に受け入れられる。それにちょっとしたことへの気配りも忘れない。文化祭や体育祭にも生徒に混じって積極的に参加する。若い人にはぜひ真似をしてもらいたい先生です。今日は、初ハーフだったが予想通りの走りを見せてくれたし、走り終わってもケロッとしているところがいかにも彼女らしい。

そしてK澤さん。こちらも姉御肌的な女の子。可愛い顔して意外と大胆でもある。でもそのくらいじゃないと先生って務まらない。今年は去年のタイムを30分ぐらい縮めたけど、3時間を切るまでには至らなかった。来年、もう一度リベンジだね。

Y池さんも去年は司会の人にフルネームで名前を呼ばれてのゴールインだったのだが、今年は見事に3時間を切ってゴールした。立派です。今年は採用試験に合格したので、来年からは正式に養護の先生として働くことになる。

最後にY田さん。仕事の疲れや暑さの影響もあったのかスピードが出なかったようだ。4月の柏の葉マラソンで好記録を出した時のようにいかなくて残念だったね。でも走る意欲は人一倍強いからこれから先が楽しみです。

走っている時はかなりの暑さとの戦いだったけど、走り終わった後は何とも気持ちいい。空の抜けるような青さがまた格別だ。一緒に走った仲間とその思いを共有するのもまた素晴らしい。かき氷も美味しかったねぇ。また一緒に走りましょう。

 

写真は、北千住の「虎や」。ちょっと小洒落たお店で料理も美味しい。青森の地酒「陸奥八仙」が旨かった。f:id:goisan:20141019174408j:plain