読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

秦野水無川マラソン 2015

一昨日の日曜日に、S田さん、Y村さんと3人で「秦野水無川マラソン大会」に参加してきた。巷では今年からこの日に移ってきた「湘南国際マラソン」が盛り上がっているが、この秦野の大会も知る人ぞ知る人気のある大会なのだ。最初の5キロの関門が30分と初心者には少し厳しい。その上、15キロ地点までは上り中心のコース。大きなアップダウンが3回ほどある。だからエントリーするランナーもそれなりの自信家が多いように思う。

今回は初めてBブロックに入ったのだが、スタートしていきなりの4分台のペースにびっくり。人は大勢いるのだが邪魔にならない速さだ。いや、むしろ追い抜かれていく。最初の5キロが23分54秒とごいさんにはきつ過ぎるハイペース。

6キロを過ぎて上り坂が始まる。最近のごいさんは坂道に少しは自信が持てるようになった。実際にいろんな大会では何人も抜いている。ところが今日はそういうわけにいかない。みんなこの坂道を承知の上での参加だ。自信があるのだ。ゼーゼーハーハーという声はすれども歩く人はほとんどいない。みんな、苦しいのを楽しんでいるかのようだ。

時々顔を出す真っ白な富士山、そして紅葉と景色は最高。良く晴れて空気も澄んでいる。しばらく止まって眺めていたい気分だ。上り終わると今度はそれを打ち消すようにどっと下る。そしてまた長い上りだ。これを3回繰り返す。最後の坂は1キロ以上続く。この1キロは5分55秒のペース。これが最後という思いで必死に足を動かす。

上り切るとそこはコースの最高地点「風の吊り橋」だ。この橋を渡る時の達成感が何とも言えない。この大会での最高の瞬間だ。ここからほぼゴールまでの6キロを一気に下っていく。それまでの辛さを吹き飛ばすような爽快感が味わえる。これもこの大会の魅力の一つだ。給水でスポーツドリンクを頂き、深呼吸と屈伸。そして全力疾走開始。

結果は、1時間41分34秒。403位(1719人中)。ちなみにY村さんは1時間38分台、S田さんは自分のコース記録を更新する1時間58分台でフィニッシュ。

いつものように会場近くのスーパー銭湯「湯花楽」に行って、汗を流して反省会。今日はS田さんに笑顔が戻ったのが何よりだった。先日のつくばでは途中で足を痛めて満足な走りが出来なかった。走り終わった彼の顔に笑顔が無かったのがずっと気になっていた。それで先週の水曜日に湘南海岸を一緒に走ることにした。往復18キロほどを平均5分20秒のペース。どうやら足の痛みも大丈夫そう。今日も不安はあったようだが、走っているうちに自信も取り戻せたようで止まることもなく走り切り、コース記録も更新。ようやくいつもの彼らしい明るさが戻ってきた。これで仲間としても一安心。

今回も寒い中での応援、それにボランティアの活動、お疲れさまでした。皆さまのおかげで気持ちよく走ることができました。ありがとうございました。

f:id:goisan:20151206081600j:plain