読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

岡山マラソン ~ 番外編 ~

写真を拡大してみたら「この先40m」という文字があるのに気がついた。自分は完全に横断歩道の真横にある柱だと信じて疑わなかった。もう1枚の写真を見ると確かに横断歩道は遠くにある。あ~、何という勘違い。またやっちゃった。

f:id:goisan:20161117180731j:plain

f:id:goisan:20161117180752j:plain

時計を見るともう2時半だ。すでに片付けられているかもしれない。そこまで行くのに早くても1時間余りかかるらしいのだが、ウサギマンさんが先に来て持ち帰ってしまうかもしれない。でも迷ったのは一瞬で、間違いに気づいた時にはもうその場所に行くのは決めていた。なくったっていい。その場所を自分の目で確かめておきたいのだ。

送迎バスは長蛇の列。近くのバス停まで走って行って路線バスで岡山駅に出る。ここで乗り換えるのだがこれがよく分らない。振り向いたらタクシー乗り場がある。本当は最初にタクシーで行くことは考えたのだが、お金も荷物と一緒にホテルに預けていて、持ち合わせが7千円ほどしかないので諦めていたのだ。せっかくなのでタクシーの運ちゃんにそこまでいくらかかるか聞いてみたら、3,000円ぐらいだと言う。それを越えたらメーターを止めてやるよとも言ってくれた。それなら往復できる。運は我に味方したと思った。

タクシーに乗り込んで運転手さんにわけを話してできるだけ急いでくれるようお願いした。その場所に到着するまでの20分ほどの時間はあっという間だった。確かに横断歩道から離れたところに柱がある。走っている時はまったく気にも留めなかったものだ。タクシーを降りて近づいてみる。ウサギマンさんが取り付けたようではないが細長いひものような感じで巻かれているのが見えた。誰かが片付けようとしてまたくくり付けたのか。でもそれは間違いなくあの鉢巻きだった。

この年でも感動するね。本当に嬉しかった。ウサギマンさんは試験が終わったら必ずここを見に来る。その前にどうしても自分の手にしたかった。タクシーに戻って裏に書かれたメッセージを読む。「ようこそ岡山へ ゴールまで頑張って下さい!」「なんだよ、このセリフ。普通過ぎるじゃないか。」なんて思ったら思わず笑いだしていた。人って感動し過ぎると笑っちゃうのかなあ。すでにウサギマンさんの思いは前日のブログで十分に伝わっていた。応援されているという気持ちをずっと背負って走ってきた。でもこのメッセージはどうしても自分の目で見たかったんだ。

f:id:goisan:20161114064713j:plain

空港でビールを飲みながら今日を振り返る。何はともあれハッピーエンド。タクシーの運転手さんの思いやり。バスで席を譲ってくれた優しい女性。おかげで目的を果たせました。ありがとうございました。マラソンも最高。岡山の皆さん、お世話になりました。

 

こう書いてくるといかにも感動ものの物語のようになってしまったけど、要は最初にちゃんと確認しておけば鉢巻きはごく普通に受取れただけのお話だった。本当は書くほどのことでもないのだけど、これらすべてひっくるめてごいさんの性格だということが皆さんに伝わればと思って書いてみた。まあこれもいい思い出なんだろうね。

ウサギマンさん、タスキは無事につながったよ。

 

ごいさんのマラソンお守りグッズf:id:goisan:20161117131217j:plain