読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

夢舞いマラソンボランティアに参加して

一昨日は東京夢舞いマラソンのボランティアに参加してきた。都庁のとみん広場に朝の7時に集合ということで、4時起きである。身支度を整え5時少し過ぎに家を出る。直通で行ける新宿ラインはまだ動いていないので、品川を経由して山手線で新宿に向かう。

ごいさんの仕事はゴール後の給水担当。今日の仲間はリーダーを含めて6人。ちょっと少ないような。8時を回ってエアロビや太鼓の演奏が始まる。そして開会式の後、9時ちょうどにスタートだ。種目としてはゆっくり走るマラニック組と自転車で巡るポタリング組がある。みんながスタートして会場には少しばかり静けさが戻ってきた。彼らがゴールしてくるまでの嵐の前のような感じ。

スタートして4時間、1時を過ぎた辺りでまずはポタリング組の先頭グループが入ってくる。それからだいぶしてランナーの先頭グループがゴール。ピークは午後4時くらい。今日はタイムの計測はない。もちろん順位も出ない。夕方の5時までにゴールすればいいというルールだ。ショートカットもあり。歩道を歩行者や自転車の人たちに迷惑にならないように走る。信号を守り混雑している所は歩く。とにかくマラニックの基本方針に則って観光を楽しみながらのんびり走るのだ。

こういう機会にお揃いのシャツを着て東京を走るのも面白い試みだと思う。たくさんのランナーが走っているから心強い。沿道の人もそれなりに応援をしてくれたようだ。今日は街中の様子を見ていないので大会自体がどんなものなのかは分っていないのだけど、ゴールしてくる人たちを見ていると特に苦しんでいる様子もなく楽しんで走ってきたという感じだ。

東京マラソンとは感じがだいぶ違うけど、その先駆けになったのは間違いないのだろう。走っていて楽しいのが一番だもんね。大会役員にはけっこうお年を召した人たちが多かったが、みんな元気に張り切っていた。最初から関わっていた人たちらしくその自負もあるのだろう。1,000人を超えるランナーが東京のど真ん中を走る。それも歩道をね。事故もトラブルも無くここまで続けてきたのだから本当に凄いことだと思う。

今日は朝の7時に集合して最後に片づけを終えて解散したのが夕方の5時半。これまたずっと立ち仕事。我ながらよく頑張りました。去年の東京マラソンから始めて今日が7回目のボランティア。仕事にもぼちぼち慣れてきたといったところかな。おっと、ここで油断をしちゃいけない。慣れ過ぎはへんな過信につながったりする。ボランティアに憧れた最初の気持ちを忘れちゃいけないよね。

いろんな人との出会いがあったけど、みんな本当によく働く。そしてランナーの皆さんを応援するのが大好き。まるで自分が走っているような感じでね。どんなに忙しくても笑顔を絶やさない。そしてランナーの笑顔を見るのは最高の気分。何千人という笑顔を見た後って、心も軽く温かい気持ちになれる。ちょっと落ち込んでいる人にはぜひボランティアをやってみたらってお勧めしたい。

さて今度の日曜日はタートルマラソン。いよいよシーズン5の始まりです。

f:id:goisan:20151012085129j:plain