読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

高知龍馬マラソン (後編)

セレモニーが終わり、9時ちょうどに号砲が鳴る。ごいさんは最初の2~3キロを走ってみないとその日の調子が分からないので、スタート時はいつも不安な気持ちでいっぱいだ。今日も沿道にはたくさんの人がいて大きな声援を送ってくれている。最初の1キロは5分33秒。どうやら調子は悪くなさそう。ペースを上げていく。最初の10キロは50分41秒。沿道の人たちの声援に応えながら走って行くのは実に楽しい。次の10キロも50分15秒で通過。20キロを過ぎて最大の難所、高さ50メートルの浦戸大橋を一気に駆け上がっていく。前半のハーフを1時間46分35秒と今までにないハイペースで走っている。「万事、やってみにゃわからんきに。」

この橋を下ったところが桂浜で、そこには太平洋を眺める龍馬の像がある。ここからは海沿いの平坦な道を10キロほど走る。30キロまでの10キロが52分15秒。少しペースが落ち始める。この後の全長約1キロの仁淀川河口大橋では強風で体が横に流される。気温の方もかなり高くなってきた。後で知ったのだがこの時すでに20.8℃を記録したとのこと。前半のハイペースがたたってかなり苦しくなってきた。36キロ付近で龍馬の仮装をして走っている金哲彦さんとすれ違う。「はい、金さん」と声をかけたら「頑張って!」と答えてくれた。それでも苦しさから脱却できない。

f:id:goisan:20160215125019j:plain

 

38キロ過ぎのエイドに寄った時に救急車が通過していった。これも後のニュースで知ったが10人ほどが熱中症で運ばれたらしい。ごいさんも大事をとってこのエイドで少し長めに休むことにした。沿道の声が遠くに聞こえるような感じだ。本意ではないが、しばらくは道路の中央寄りをマイペースで走ることにする。スピードは急速に落ちている。それでも40キロまでの10キロを55分23秒で凌ぐ。

残り2キロを切ると最後の長い上り坂が待ち受けている。歩いているランナーも増えている。その誘惑を振り切るように下だけを向いて腕を振る。応援してくれる声は届いているけどこんな顔は見せられない。せめて走り切ることで応えたいと思った。どうにか上り切ったところで顔を上げるとたくさんの人がこっちを見て手を振り旗を振ってくれている。ようやく笑顔が戻って両手を振ってそれに応える。あと400メートル。最後は見栄を張って余裕の笑顔でフィニッシュ。タイムは3時間41分19秒。総合順位は500番台。これなら龍馬に会いに行ける。

今日も沿道の応援が凄かった。たくさんのボランティアの人たちの「頑張れぇ」の声も嬉しかった。こんな素晴らしい思い出が作れるのも本当に皆さんのお蔭です。心から感謝します。ありがとうございました。

f:id:goisan:20160214140952j:plain

 

f:id:goisan:20160214135952j:plain