読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

伊豆長岡でのランニング合宿

17日、18日と伊豆長岡のI坂邸にお邪魔して、いつものラン仲間(A美さん、S田さん、Y村さん)と合宿を行ってきた。I坂邸に到着したのが午後2時30分、気温は35℃に届こうかという勢いだ。少し動いただけでも汗が噴き出してくる。とても走れる感じじゃないけど、それでも合宿に来たのだからとみんな覚悟を決めたようだ。一応安全第一ということで、走る距離は5キロ短くして10キロとした。

伊豆長岡と田京の中間にあるI坂邸を出発して狩野川の土手を走り8キロ先の修善寺で折り返す。2キロほど戻ったところの大仁の「一二三荘」という旅館がゴール。ここで温泉に浸かり、途中のスーパーで夜の食材を購入してI坂邸に戻るという計画だ。

3時を回っていざ出発。狩野川の土手に上ると日差しを遮るものは何もない。こんな時に走るなんてやっぱり無謀……だよね。修善寺まではみんな一緒にキロ6分のペースで走り、折り返してからの残り2キロは各自のペースで走ることにする。自分も最後はキロ4分30秒まで上げてフィニッシュ。年寄りランナーズの汗だらだらの格好を見て、一二三荘の女将さんはなんと思っただろう。

入浴料は400円と安いが、なかなか立派な温泉だ。少し熱めのお湯が気持ちいい。I坂邸に戻ると先に帰ったI坂さんが囲炉裏に火をいれて飲み会のセッティングをしてくれていた。買ってきたおつまみを皿に盛って、お待ちかねの宴会の始まりだ。走り終えた満足感から話も弾む。もちろん酒も進む。飲めや飲めやでボトルがどんどん空いていく。

翌朝、7時にA美さんを見送る。学校説明会の仕事が10時からあるのだという。Y村さんはすでに走らんばかりにスタンバっている。少し遅れてS田さんが起きてきたが、彼もまた走る気まんまん。どうやら走りたくないのは自分一人みたいだ。みんなあれだけ飲んだのに何ともないのだろうか。

結局、みんなの勢いに押されて走らざるを得なくなった。今日は激坂のコースだ。最初の3.5キロで300mの高さを上って行く。絶対に歩かないという気持ちで腕を振る。昨日のアルコールもあっという間に吹っ飛んだ。それから尾根伝いに3キロほど進むと今度は4キロに及ぶ急な下り坂となる。スピードが出過ぎて転びそうになる。その下り切った所にあの韮山反射炉がある。後は平坦な道を2キロ走ればゴールだ。距離は12.5キロ。

I坂邸にたどり着いて水シャワーを浴びた時は本当に生き返ったような気持ちだった。ともあれこれで2日間しっかり走ったから、合宿らしくはなった。I坂さんは昼から仕事なので少し早めにお暇することにした。我々のためにわざわざ仕事のシフトを変えてくれたのだった。いつものことながらだけど、本当にお世話になりました。感謝、感謝です。

飲むだけで終わるかと思っていた合宿だけど、何だかんだと言いつつもみんな懸命に走ったし、お互いにいい刺激になった。彼らと次に会うのは10月16日のタートルマラソン大会。それまでにもう少し実力をつけておきたいなあ。

 

f:id:goisan:20160817182927j:plain